MicroStation CONNECT Edition Help

要素に合わせてトリム

1つ以上の線分、連続線分、弧、図形、複合図形、または複線を、他の要素との交点まで延長または短縮します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「修正」
  • ツールボックス:修正

他の要素にまで延長または短縮できる要素には、線、線分、弧、図形、複合図形、セル、共有セル、またはソリッド要素があります。また、要素のセグメントを延長または短縮することもできます。要素または要素のセグメントは、要素の他の線分に向けて延長または短縮できます。

要素を延長する場合、指定した点の近くにある終点が移動され、もう一方の終点は変更されません。要素を短縮した場合、指定した要素の一部が残ります。

「要素に合わせてトリム」ツール設定ウィンドウの「切り取る要素を最初に選択」チェックボックス、および「アキュスナップ設定値」ダイアログボックスの「全般」タブの「要素を自動的に指定」チェックボックスを組み合わせて使用することにより、次のとおりに要素やセグメントを選択するためのさまざまなオプションが得られます。

要素を自動的に指定 切り取る要素を最初に選択 延長または短縮される要素またはセグメント 切り取り要素
オフ オフ
  • 要素のセグメントを選択します。要素全体を選択することはできません。
  • リセットして重なり要素の選択を繰り返します。
  • 切り取り要素のセグメントを選択します。リセットして、セグメントと切り取り要素全体との間を切り替えます。
  • 重なり切り取り要素を選択することはできません。
オフ オン
  • 要素のセグメントを選択します。リセットして、セグメント、要素全体、および重なり要素との間を切り替えます。
  • 切り取り要素のセグメントを選択します。リセットして、セグメント、切り取り要素全体、および重なり切り取り要素との間を切り替えます。
オン オフ
  • 要素のセグメントを選択します。要素全体を選択することはできません。
  • リセットして重なり要素の選択を繰り返します。
  • 切り取り要素のセグメントを選択します。切り取り要素全体を選択することはできません。
  • 重なり切り取り要素を選択することはできません。
オン オン
  • 要素のセグメントを選択します。要素全体を選択することはできません。
  • 重なり要素を選択することはできません。
  • 切り取り要素のセグメントを選択します。リセットして、セグメント、切り取り要素全体、および重なり切り取り要素との間を切り替えます。

「要素を自動的に指定」チェックボックスをオフにした場合、ツール操作の結果のプレビューが表示され、操作を承認または拒否することができます。



設定説明
切り取る要素を最初に選択 オンの場合、最初に選択する要素が切り取る要素として使用され、2番目に選択する要素が延長または短縮される要素になります。既定はオフです。
キー入力: TRIM TOELEMENT
キー入力: TRIM SET CUTTINGFIRST < ON | OFF | TOGGLE >
注記: 選択した2つの要素が交差するように延長できない場合、修正は行われません。