MicroStation CONNECT Edition Help

要素を修正

要素の形状を変更して修正するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「修正」
  • ツールボックス:修正

このツールを使用すると、次の操作を実行できます。

  • 線分、連続線分、複線、曲線、B-スプラインの形状制御線、多角形、複合連結、複合図形などの頂点またはセグメントを移動します。
  • 対角の頂点を基準に長方形を拡大縮小します。
  • 接線を保持しながら、「スマートラインを配置」ツールで作成された、複合連結と複合図形の丸められたセグメントを修正します。
  • 複合連結の丸められたセグメントおよび複合図形をシャープな形状に変更します。その逆の形状変更も行います。
  • 掃引角を保守しながら円弧を拡大縮小します。
  • 円の半径、または楕円が持ついずれかの軸の長さを変更します。
  • 寸法文字を移動、または寸法要素の補助線の長さを修正します。

複数のセグメントを持つ要素には、連続線分、多角形、複合連結、および「スマートラインを配置」ツールで配置された複合図形があります。「要素を修正」ツールは、頂点やセグメントを修正するだけでなく、頂点のタイプを変更(鋭く、丸み、または面取)することもできます。

「要素を修正」ツールの設定値は、修正している要素のタイプに応じて変化します。要素のセグメントまたは頂点を選択すると表示されます。



設定説明
頂点タイプ (頂点が選択された場合のみ)選択された頂点のタイプを表示して、そのタイプを修正できるようにします。
  • 鋭く - 頂点を1つの点に設定します。
  • 丸み - 頂点を丸みを帯びた形状に設定し、その半径が定義できるようにします。
  • 面取り — 頂点を面取りした形状に設定し、その面取りオフセットが定義できるようにします。
半径 (「頂点タイプ」が「丸み」に設定された場合)丸みを帯びた頂点の弧の半径を設定します。
オフセット (「頂点タイプ」が「面取」に設定された場合)頂点から面取りの終点までの2つの(等しい)距離を設定します。
直交 (直角多角形の頂点が選択された場合のみ)オンの場合、頂点を移動しても頂点に隣接した側面が直交したままになります。

オフの場合、頂点を移動すると頂点に隣接した側面が直交しなくなります。

方法 (選択された要素は弧)次の方法に基づいて、弧を修正することができます。
  • 角度 - 弧の角度を変更することができます。
  • 中心についての半径 - 中心を固定して弧の半径を変更することができます。
  • 終点を維持した半径 - 終点を固定して弧の半径を修正することができます。
  • 円弧全体を移動 - このオプションは、選択した弧が複合連結の一部である場合に使用できます。円弧にアタッチされている要素を調整しながら円弧を移動することができます。
拡張設定値を表示 「要素を修正」ツールによるスマートライン要素の修正方法を定義するためのコントロールを表示します。
スマートライン修正の使用可 オン(既定)の場合、スマートラインの頂点とセグメントの修正時に隣接する要素が考慮されます。たとえば、丸みを帯びた頂点に正接する線分は接線として処理されます。

オフの場合、スマートラインの頂点とセグメントが個別に修正されます。

注記: この設定をオフにすると、残りの設定はスマートラインスタイルの修正にのみ適用されるため、無効になります。
セグメント選択の使用可 オン(既定)の場合、スマートラインのセグメントと頂点を選択することができます。

オフの場合、頂点だけを修正することができます。

線要素の数を最小化 オンの場合、複合連結や複合図形内の構成要素数を減らすように処理します。たとえば、連結した複数の線分は1本の連結線分に変換されます。

オフの場合、複合連結や複合図形内の構成要素数を減らすようには処理しません。

選択した丸みまたは面取りをセグメントに変換 オンの場合、丸みを帯びた頂点または面取りされた頂点を選択すると、その頂点がセグメント(弧または線分)に変換され、セグメントとして修正できるようになります。これは、選択した丸みまたは面取りにだけ適用され、連結または図形全体には適用されません。修正後は、構成要素が、再び、丸みまたは面取りとして扱われることはありません。
頂点の設定値 使用する頂点のタイプを定義します。
  • 要素から — 要素それ自体の設定値を使用します。
  • 最後に使用 — スマートライン要素の修正で最後に使用された頂点のタイプを使用します。
注記: この設定を使用して、修正する頂点を、その半径や面取りオフセットと共に、鋭い、丸み、または面取りに設定します。これは、多数の頂点のタイプやサイズを変更するときに、各頂点の値を入力する手間が省けて便利です。
キー入力: MODIFY ELEMENT
ヒント: 線分、連続線分、複線、弧、円、楕円、曲線、多角形、文字、または複合要素は、選択された際にそのハンドルをドラッグすることにより変更できます。
注記: 「スマートライン修正設定値」を選択するには、ツール設定値ウィンドウの右下角にある矢印をクリックします。


注記: 弧の軸は「要素を修正」ツールでは修正できません。代わりに「弧の軸を修正」ツールを使用します。