MicroStation CONNECT Edition Help

距離を測定

距離を測定するために使用します。座標値は、参照ファイルからではなく、常にアクティブモデルからレポートされます。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「分析」 > 「測定」
  • ツールボックス:測定


参照された透視図保存ビューの測定はサポートされていません。

設定説明
方法 距離を測定する方法を設定します。
  • 2点間 - 2点間の直線距離を測定します。このコマンドがアクティブである場合、距離の合計が表示されます。2次元または3次元のデザインモデルまたはシートモデルで使用できます。
  • 要素に沿って - 基準点から要素に沿って距離を測定します。2次元または3次元のデザインモデルまたはシートモデルで使用できます。測定できる要素:線分、連続線分、複線、弧、楕円、多角形、曲線、B-スプライン曲線、複合連結、または複合図形
  • 要素から垂直 - 2つの要素間の垂直距離を測定します。2次元デザインモデルおよびシートモデルで使用できます。このツールは、上面ビューの3次元ファイルでのみ有効です。正面などの他のビューでは、予期した結果が得られないことがあります。測定できる要素:線分、連続線分、複線、弧、楕円、多角形、曲線、B-スプライン曲線、複合連結、または複合図形
  • 最短距離 - 2つの要素間の最短距離を測定します。2次元または3次元のデザインモデルまたはシートモデルで使用できます。測定できる要素:線分、連続線分、複線、弧、楕円、多角形、曲線、B-スプライン曲線、複合連結、または複合図形
  • 最大距離 - 2つの要素間の最大距離を測定します。2次元または3次元のデザインモデルまたはシートモデルで使用できます。
基準軸 距離の計算方法を設定します。すべての測定で、実距離と投影距離の両方がレポートされます。実距離は"リアル"な距離です。「基準軸」モードに影響されることはありませんが、補助座標系によっては「補助座標スナップ」が影響することがあります(「ロック」ダイアログボックスを参照してください)。参照尺度を考慮して参照要素間の距離を測定する場合は、「補助座標系尺度」を参照尺度と同じに設定し、「補助座標へロック」をオンにする必要があります。投影距離は、XY平面の距離で、「基準軸」モードの設定によって異なります。2次元モデルの場合、2次元モデルと3次元参照ファイルで要素間の距離を測定するときに投影距離が役立ちます。すべてのモードがすべてのモデルタイプに適用されます。
  • なし - (「方法」設定で「要素から垂直」、「最短距離」、または「最大距離」を選択した場合にのみ使用可能)投影距離は実距離です。
  • グローバルZ - (「方法」設定で「2点間」または「要素に沿って」を選択した場合にのみ使用可能)グローバルZに相対する投影距離です。始点と終点の座標が、常に、選択したモデル内のグローバル原点に相対する点としてレポートされます。
  • ビューZ - ビューZに相対する投影距離です。ビューの回転に相対するグローバル座標の座標がレポートされます。始点と終点が必ず投影されるので、Z値は常に0になります。したがって、Z列は表示されません。
  • 補助座標系Z - 補助座標系(ACS)Zに相対する投影距離です。3次元の場合、始点と終点がXY面から投影されるので、Z値は常に0になります。したがって、Z列は表示されません。座標は、補助座標系Zまたは補助座標系のXY平面を基準に投影されます。3次元の場合、投影された座標がレポートされます。
  • アキュドローZ - アキュドローZに相対する投影距離です。アキュドローZ軸を基準に投影された座標がレポートされます。座標は投影されるので、Z値は常に0になります。したがって、Z列は表示されません。アキュドローの終点は0なので、始点と差がXY構成要素としてレポートされます。
距離 前回の測定の結果を表示します。"実"距離と"投影"距離については、「基準軸」設定を参照してください。
合計 (「距離」が「2点間」に設定されている場合のみ)測定した距離の合計を表示します。
線分のみ (「距離」が「垂直」に設定されている場合のみ)オンの場合、選択した要素の線分または線分の投影に対して垂直方向の測定に制限されます。

オフの場合、選択した要素の最も近い線分に対して垂直方向に測定が実施されます。

始点 始点のXYZ座標値を表示します。
端点 終点のXYZ座標値を表示します。
各軸の始点と終点間の距離を表示します。
キー入力: MEASURE DISTANCE ICON
キー入力: MEASURE DISTANCE [ ALONG | MAXIMUM | MINIMUM | PERPENDICULAR | POINTS | SURFACE ]
キー入力: MEASURE DISTANCE SURFACE
注記: 要素間に最短距離の線分を作成するには、「線要素」ツールボックスの「最短距離線を作成」ツールを使用します。