MicroStation CONNECT Edition Help

枠内要素を操作

枠の内容を移動、コピー、回転、鏡映、拡大縮小、または引き伸ばすために使用します。枠の内容は、枠および枠使用モード(伸ばしを除く)で定義されます。枠内要素の構成について理解するには、「枠に入れる枠内要素の指定」を参照してください。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • ツールボックス:

操作方法は、ツール設定値「操作」で選択します。「要素伸ばし」以外の各操作は、ツール設定値「枠使用」をオンにしてツールを操作する場合と同じように機能します。

操作 同等なツール(「枠使用」をオンにした場合)
コピー 要素コピー
移動 要素移動
尺度 尺度
回転 回転
鏡映 鏡映
配列 配列を作成
要素伸ばし 要素伸ばし

「枠内要素を操作」ダイアログボックスで「操作」を「伸ばし」に設定した場合には、枠使用モードは無視され、要素は次のように処理されます。

  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「選択」 > 「枠ツール」分割ボタン
  • 枠内にある線分、連続線分、複線、または多角形の頂点は移動します。枠外の頂点は移動しません。
  • 枠内にある弧の端点は移動します。枠外にある弧の端点は移動しません。
  • 完全に枠内にある楕円、円、またはセルは移動します。

「枠内伸ばし」は、一度に多くの制御点(制御点とも呼ぶ)を移動できるため、B-スプライン曲面で作業する場合に威力を発揮してきました。「枠内伸ばし」を「回転」ツールおよび「尺度」ツールに組み込むと、曲面を滑らかに保ちながら丸みや歪みを加える機能が強化されます。

B-スプライン曲面の詳細については、「3次元要素」を参照してください。

「枠内伸ばし」を使用して切れ目を操作することができます(複線の切れ目は、複線が壁を表すときに、窓や玄関口を表すために使用されます)。たとえば、窓を含む枠を配置し、壁に沿って窓を移動することができます。また、枠内に切れ目の始点または終点のみを含めて、ウィンドウのサイズを変更することもできます。つまり、通常このような操作を実行する場合には、複線をその構成要素に分解する必要はありません。

複線の詳細については、「複線の使用」を参照してください。

切れ目を含む複線セグメントの外側へ切れ目を移動することはできません。切れ目の始点または終点がセグメントの外側へ移動するように枠を移動すると、切れ目の位置はセグメント上の最も近い点に投影されます。セグメントの終点の外側へ切れ目を移動すると、切れ目は削除されます。

弧の一方の端点のみが枠内にある場合には、弧は回転、または拡大縮小されて、その端点は新規位置に移動します。つまり、弧のアスペクト比は変更されません(たとえば、円弧は楕円にはなりません)。掃引角も変更されません。弧の端点の新規位置は、枠の移動方法と一貫性が保たれます。「枠内伸ばし」によって、単に弧がXまたはYのどちらかの方向に拡大縮小されることはありません。

キー入力: FENCE ICON
注記: 複線の切り取り、切れ目、部分削除の相対位置は、伸ばし処理および移動処理の間は保持されます。
ヒント: 頂点の移動角度をある角度の整数倍に限定する場合には、「アキュドロー」「枠内要素を操作」ツールの「伸ばし」オプションを組み合わせて使用します。


設定説明
セル伸ばし オンの場合には、枠に重なるセルは引き伸ばされます。

「LOCK CELLSTRETCH [OFF|ON|TOGGLE]」キー入力は、「セル伸ばし」のオフまたはオンの切り替えにも使用できます。