MicroStation CONNECT Edition Help

「アニメーションを記録」ダイアログボックス

連続画像のファイルフォーマット、圧縮およびカラーモードを設定し、連続画像を記録するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「太陽光のレビュー」ダイアログボックス:「保存」を選択します


設定説明
フォーマット 連続画像を保存するファイルフォーマットを設定します。
TargaやTIFFなどのセパレートフレーム画像が作成されるフォーマットを選択するようにお勧めします。これらのフォーマットを選択した場合、シーケンス内のフレームごとにセパレートファイルが自動的に作成されます。ファイル名の末尾には、番号を挿入する必要があります。この番号は、フレームを保存するたびに増分されます。たとえば、Targaフォーマットシーケンスの最初のフレームが含まれるファイルに"orbit01.tga"という名前を付けると、以降のフレームファイルには、"orbit02.tga""orbit03.tga""orbit04.tga"という順番で名前が付けられます。プロセスへの割り込みが発生した場合でも、後で元に戻して、そのシーケンスの次のフレーム番号から捕捉できます。

「FLI」または「FLC」を選択した場合、シーケンスは単一の256色アニメーションファイルとして保存されます。「Windows AVI」を選択した場合、シーケンスは単一の24ビット色アニメーションファイルとして保存されます。ただし、これらのフォーマットの場合、アニメーション全体を処理完了のたびにメモリに保持する必要があります。割り込みが発生した場合は、シーケンス全体が失われて再開の必要が生じる可能性があります。この理由から、上記以外のフォーマットを選択するようお勧めします。後で必要に応じて、ムービープレーヤを介してシーケンスをFLI/FLCまたはAVIに変換することも可能です。

圧縮 選択されたフォーマットに対応して、圧縮の度合いを設定します。たとえば、JPEGフォーマットファイルでは、「最小」から「最大」までの間で圧縮度を指定できします。圧縮度を上げるほど画像の質は損われます。つまり、「最小」では最高の画質を得られますが、圧縮度は最も低くなります。それに対し「最大」では、画像の質が最も低くなる代わりに圧縮度は最大限になります。
色モード 出力ファイル内の色数を設定します。".fli"ファイルでサポートされるのは、単一モード(256色)のみです。その他のフォーマットは、256色の画像か24ビット(24ビット色)の画像のいずれかをサポートします。一般に、24ビットの色モードは、最高の画質の画像を作成しますが、この画像のファイルは、256色の画像のファイルよりもはるかに大きいため、作成や表示により時間がかかります。
ファイル シーケンスファイルの名前および場所を指定するための色が含まれます。特に説明するものを除いて、これらのコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと似ています。