MicroStation CONNECT Edition Help

「スクリプトエントリを編集」ダイアログボックス

新しいスクリプトエントリの追加や既存のスクリプトエントリの修正に使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:「新規エントリ」アイコンをクリックします
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:「エントリを編集」アイコンをクリックします
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:「編集」 > 「新規」
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:「編集」 > 「編集」
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:右クリックして「新規」を選択します
  • 「複数の画像を保存」ダイアログボックス:右クリックして「編集」を選択します

「デザインファイル」または「出力ファイル」フィールド上にポインタを置くと、ツールチップにそのファイルへの完全パスが表示されます。

「スクリプトエントリを編集」ダイアログボックスで行った変更は、「多層画像を保存」ダイアログボックスのスクリプトエントリに直ちに適用されます。



設定説明
デザインファイル レンダリングするデザインファイルの名前。既定では、アクティブなデザインファイルの名前が表示されます。別のファイルを選択するには、「デザインファイルを参照」アイコン(「デザインファイル」名フィールドの右側)をクリックして「レンダリングするファイルを選択」ダイアログボックスを開きます。コントロールは、「開く」ダイアログボックスのコントロールと似ています。
出力ファイル デザインファイルを処理した後の出力ファイルの名前。実際のファイル名を使用するか、出力ファイル名マクロを使用します。既定では、選択したファイルフォーマットの拡張子を持つマクロが挿入されます。出力ファイルの名前または場所を変更するには、「出力ファイルを参照」アイコン(「出力ファイル」名フィールドの右側)をクリックして、「出力ファイルを設定」ダイアログボックスを開きます。このコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
注記: スクリプトファイルのエントリを作成する際、各出力ファイルの名前が一意であることを確認してください。名前が重複すると、同じ名前を持つ以前の画像が上書きされてしまいます。同じ名前の既存のファイルがある場合、「多層画像を保存」ダイアログボックスで対象のエントリが赤で表示されます。
ビュー 使用する元のビューグループ、つまり保存済みのビューを設定します。ビューを選択すると、関連するモデルも選択されます。

ビューグループと保存済みビューは次のようにアイコンで区別されます。



ビューグループを示します。



保存済みビューを示します。

ビュー番号 ビューを選択するオプションメニューです。
モデル 選択したビューと関連付けられているモデル名が表示されます。
フォーマット 画像ファイルフォーマットを設定します。
圧縮 画像ファイルのフォーマットに対して圧縮の度合いを設定します。たとえば、JPEGフォーマットの画像ファイルの圧縮オプションには「最小」から「最大」まであります。圧縮度を上げるほど画像の質は損われます。つまり、「最小」では最高の画質を得られますが、圧縮度は最も低くなります。それに対し「最大」では、画像の質が最も低くなる代わりに圧縮度は最大限になります。
注記: デザインファイルの色テーブルは、「色テーブル」ダイアログボックス「設定値」 > 「色テーブル」).
モード 画像ファイルのカラーパレットの色数を設定します。使用できるオプションは、選択される「フォーマット」によって決まります。たとえば、「Intergraph RGB」は「24ビット色」しかサポートしていませんが、「PICT」は「24ビット色」、「256色」、および「グレースケール」をサポートしています。
レンダリング設定 DGNファイルに含まれているレンダリング設定または「タイトルなし」を選択できます。
レンダリングモード レンダリング方法を、「ワイヤフレーム」、「外形線」、「塗り潰し外形線」、「スムーズシェーディング」(グローシェーディング)、または「Luxology」のいずれかに設定します。レンダリングする方法の詳細については、『Visualization GuideのIntroduction to Rendering』を参照してください。

レンダリング設定がアクティブの場合は、選択したレンダリング設定で使用可能なレンダリング方法のみが表示されます。

光源の設定 DGNファイルに含まれている光源の設定または「タイトルなし」を選択できます。Luxologyレンダリングを使用すると、光源の設定に明るさとコントラストの値を保存できます。
環境設定 DGNファイルに含まれている環境設定または「タイトルなし」を選択できます。
アンチエイリアス エントリのアンチエイリアスの度合いを選択できます。アンチエイリアスを使用しない場合は「なし」を選択します。
カスタム (「アンチエイリアス」が「カスタム」に設定されている場合のみ)各ピクセルのアンチエイリアスサンプル数を制御します。この数値は2の累乗である必要があります。「アンチエイリアス」ドロップダウンリストのオプションの事前定義値は、次のアンチエイリアスサンプル数に対応します。
  • - 4
  • - 8
  • - 16
  • 最高 - 64
「カスタム」フィールドは上記以外の値(2の累乗の数値)を入力するために使用します。
立体視 立体効果のあるビューをレンダリングします。赤または青の特殊なフィルタレンズで表示する場合に使用します。
距離(mm) 2 つのレンダリング画像間の測定オフセットを設定します。既定値は65ミリメートルです。
焦点距離にロック オン(既定)にすると、収束距離を焦点距離にロックします
収束距離 2つのオフセット画像が収束する3次元空間内の点を設定します。この点の前で、オブジェクトが前方に現れ、この点の後でオブジェクトが後退します。
線と文字を無視 オンの場合、レンダリングプロセスが領域要素(サーフェス、および図形、楕円、複合図形などすべての閉じられた要素)を含む要素だけに制限されます。逆に言えば、線分、弧、文字、および点などのすべての開いた要素はレンダリングされません(したがって、レンダリング画像には表示されません)。
パノラマタイプ パノラマのタイプを設定します。「なし」以外を選択すると、スクリプトエントリはそのパノラマタイプで保存されます。
  • なし - スクリプトエントリをパノラマとして保存しません。
  • 立方体 - スクリプトエントリを、6つの視点(正面、背面、左側面、右側面、上面、底面)から表示できるパノラマとして保存します。
  • 円柱 - スクリプトエントリを、円柱のように、水平の任意の方向で表示できるパノラマとして保存します。円柱を囲むパース数は、「スライス」フィールドの設定数によって決まります。
パノラマスライス 円柱形パノラマのスライス数を定義します。

パノラマタイプに「立方体」が選択されているときは、このフィールドは淡色表示されます。

ガンマ補正 ファイルでの画像の輝度を設定します。既定値は1で、有効な範囲は0.1~3.0です。「ガンマ補正」設定値を高くすると画像は明るくなり、低くすると画像が暗くなります。
ピクセル オンの場合、画像サイズはX軸とY軸に沿ってピクセルで定義されます。
ページサイズ オンの場合、画像サイズは幅(W)と高さ(H)の物理的な寸法で定義されます。寸法の単位は、「W」(幅)フィールドの右側にあるオプションメニューから、「インチ」、「mm」、「cm」のいずれかを選択できます。
アスペクト オンの場合、選択したビューのアスペクト比が保持されます。

つまり、「ピクセル」をオンにして「X」と「Y」のどちらかの解像度を設定すると、ビューのアスペクト比が保たれるように、もう一方の設定値が自動的に調節されます。同様に、「ページサイズ」をオンにして「W」と「H」のどちらかの寸法を設定すると、ビューのアスペクト比が保たれるように、もう一方の設定値が自動的に調節されます。

DPI 画像のDPI(Dot Per Inch)値を定義できます。
注記: DPI値を変更すると、画像の物理寸法に影響します。
タイル状に画像をレンダリング (「パノラマタイプ」を「なし」に設定した場合のみ)オンの場合、レンダリング対象画像を一連のユーザー定義のタイルに分解するタイル状レンダリング処理を有効にします。
注記: タイル状レンダリングは、True Color(24ビット)またはRGB Alphaで、表示スタイルをレンダリングする場合にのみサポートされます。Luxologyレンダリングモードでは、タイル状レンダリングは使用されません。