MicroStation CONNECT Edition Help

「ロック」ダイアログボックスの「スナップ」セクション

スナップを要素にスナップする方法を決定するために使用するコントロールが含まれています。

設定説明
スナップロック オンの場合には、スナップは強制的に付近の要素にスナップされます。

「スナップロック」は、「関連性ロック」をオンにすると自動的にオンになります。

(スナップ)モード スナップが要素にスナップされる方法や、要素を拘束するために使用される方法を設定します。
  • 間近: スナップ点が、要素上の最も近い点にスナップします。
  • キーポイント: スナップ点が、要素上のあらかじめ定義されたキーポイントにスナップします。
  • 中点: スナップ点が、要素および要素のセグメントの中点にスナップします。
  • 中心:スナップ点が、要素の中心および重心にスナップします。
  • 基準点:スナップ点が、セルの基準点にスナップします。
  • 2等分点: スナップ点が、要素全体の中点にスナップします。
  • 交点: スナップ点が、他の要素とその始点または終点で交差する点にスナップします。
  • 接線: スナップ点が、他の要素に接するようにスナップします。
  • 接点: スナップ点が、他の要素の特定の点に接するようにスナップします。
  • 垂直: スナップ点が、他の要素と垂直になるようにスナップします。
  • 垂直点: スナップ点が、他の要素の特定の点と垂直になるようにスナップします。
  • 平行: スナップ点が、他の要素と平行になるようにスナップします。
  • 対象の点: スナップ点が、デザイン平面上の特定点を通過するようにスナップします。
  • 要素上の点: スナップ点が、要素の始点または終点がデザインファイルの別の要素に乗るように拘束されスナップします。
  • マルチスナップ1、マルチスナップ2、マルチスナップ3: スナップ点が、複数のスナップモードを設定するようにスナップします。
LOCK SNAP [ NEAREST | KEYPOINT | MIDPOINT | CENTER | ORIGIN | BISECTOR | INTERSECTION | TANGENCY | PTTANGENT | PERPENDICULAR | PTPERPENDICULAR | PARALLEL | PTTHROUGH | POINTON | MULTISNAP1 | MULTISNAP2 | MULTISNAP3 ]
注記: 「スナップモード」を有効にするには、「スナップロック」をオンにする必要があります。
(スナップ)分割 線分、連続線分のセグメント、曲線のセグメントのキーポイントの数をこの値より1つ大きい数に設定します。


「要素」のキーポイント(スナップの「分割」を1に設定)

  • スナップ等分が1: 線分またはセグメントの終点がキーポイントになります。
  • スナップ等分が2または偶数: 線分またはセグメントの終点と中点がキーポイントになります。
ACTIVE KEYPNT
KY = [ value ]
関連性ロック オンの場合、関連点は、次の方法のいずれかの方法で要素がスナップされるたびに作成されます。
LOCK ASSOCIATION [ OFF | ON | TOGGLE ]
ヒント: 関連点を使用して配置された寸法複線共有セルは、関連性があります。これらは、関連付けられた要素を変更すると、自動的に変更されます。
注記: 関連点を作成するには、「スナップロック」がオンになっていなければなりません。「関連性ロック」をオンにすると、「スナップロック」も自動的にオンになります。
補助座標スナップ (3次元のみ)オンの場合にアキュドローがアクティブであれば、最初のスナップ点はアクティブ補助座標のXY平面上(Z=0)に強制的に配置されます。それ以降のスナップ点はアキュドローの設定値によって制御されます。アキュドローのスティッキZ設定値を使用すると、すべてのスナップ点を強制的に同じZレベル(スティッキZがオン)に維持するか、またはZ方向に"浮遊"(スティッキZがオフ)させることができます。

(3次元のみ)オンの場合にアキュドローがアクティブでなければ、すべてのスナップ点はアクティブ補助座標のXY平面上(Z=0)に強制的に配置されます。

LOCK SNAP ACS [ OFF | ON | TOGGLE ]