MicroStation CONNECT Edition Help

「ロック」ダイアログボックス

ロックおよび枠選択モードを設定するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「作図補助」 > 「ロック」ダイアログボックス起動ツール
  • リボン:「モデリング」 > 「作図補助」 > 「ロック」ダイアログボックス起動ツール
  • ステータスバー:「ロック」アイコンをクリックして「ロック」リボンポップアップにアクセスします


キー入力: DIALOG LOCKS
注記: オプションの[OFF | ON | TOGGLE]という引数をLOCKキー入力コマンドで省略すると、現在の設定値がオン/オフ切り替えの対象となります。
設定説明
補助座標(ロック) <T><F>、および<S>の表示操作とアキュドローショートカットが、デザイン座標または補助座標系に対して相対的であるかどうかを制御します。また、補助座標系の尺度を使用する(補助座標系の尺度を明示的に1.0以外に設定した場合)かどうかも制御します。
LOCK ACS [ OFF | ON | TOGGLE ]
グリッドロック オンの場合、各々のデータ点はグリッド上にくるように強制されます

「グリッドロック」は、「主単位」、「グリッド」、および「構成」と同様に、「デザインファイルの設定」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ファイル」 > 「デザインファイルの設定」)の「グリッド」カテゴリでも設定できます。

LOCK GRID [ OFF | ON | TOGGLE ]
画層のロック オンの場合、アクティブな画層上の要素のみ選択できます。アクティブな画層上にない要素を操作することはできません
LOCK LEVEL [ OFF | ON | TOGGLE ]

注記: 枠内要素と図形グループの操作では、「画層」は無視されます。

注釈尺度(ロック) オンの場合、注釈尺度は、モデルに配置されている任意の文字、寸法、注釈セル、タグ、または詳細記号に適用されます。注釈尺度は、「プロパティ」ダイアログボックスで設定できます。
LOCK USEANNOTATIONSCALE < OFF | ON | TOGGLE >
グループ(ロック) オンの場合、図形グループ内の一つの要素に対して行われた操作は自動的にすべての要素に対しても行われます

オフの場合には、図形グループに属している要素を個々に操作できます。

LOCK GGROUP [ OFF | ON | TOGGLE ]
注記: 図形グループの要素をグループ化するには、「グループ」ツールボックスの「図形グループに追加」ツールを使用します。
選択範囲 要素を操作して枠内要素を決定する方法を設定します。「選択範囲」は、「枠」ツールボックスの枠配置ツールのツール設定でもあります。
LOCK FENCE [ CLIP | INSIDE | OVERLAP | VOID ] < CLIP | OUTSIDE | OVERLAP >
「スナップ」セクション 「スナップ」セクションには、スナップを要素にスナップする方法を決定するために使用するコントロール項目があります。
「回転軸」セクション 「回転軸」セクションには、「軸ロック」と関連の設定値を調整するために使用するコントロール項目があります。
「単位」セクション 「単位」セクションには、「単位ロック」と関連の設定値を調整するために使用するコントロール項目があります。
「アイソメ」セクション 「アイソメ」セクションには、データ点をアイソメ面に関連付ける方法を決定するコントロール項目があります。