MicroStation CONNECT Edition Help

「リンクマネージャ」ダイアログボックス

各DDEリンクのDDE文字列の一覧が表示されます。また、リンクの保守もできます。DDE文字列により、DDEリンクのアプリケーション、トピック、リンクID、およびタイプが指定されます。DDE文字列には、255文字(半角の場合)まで使用できます。「編集」 > 「DDEリンク」の順に選択すると開きます。

このダイアログボックスは次の場所から開くことができます。

  • リボン:「作図」 > 「ユーティリティ」 > 「ユーティリティ」 > 「OLE」 > 「DDEリンク」
  • リボン:「モデリング」 > 「ユーティリティ」 > 「ユーティリティ」 > 「OLE」 > 「DDEリンク」


設定説明
リンク元を開く 選択した音声、文字リンク、またはアニメーションシーケンスを作成したアプリケーションを起動します。
ヒント: デザイン内の文字ノード、音声アイコン、またはアニメーションシーケンスアイコンをダブルクリックすることによりリンクされたオブジェクトのソースアプリケーションを開くこともできます。
すべて開く デザイン内でそれぞれの音声、アニメーションシーケンス、または文字リンクを作成したアプリケーションを起動します。
リンク削除 選択されたリンクを削除します。文字ノード、音声アイコン、またはアニメーションシーケンスアイコンはそのままデザインファイルに残ります。
  • リンクが文字リンクの場合、元のソースが変更されても文字は更新されません。
  • リンクが音声の場合は、再生できなくなります。
  • アニメーションシーケンスの場合は、再生できなくなります。

DDEリンクを再び作成するには、音声、アニメーションシーケンス、またはリンクされた文字を元のソースから再度ペーストします。

リンクを編集 「リンクを編集」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、選択されたリンクを編集します。その主な目的は、リンクされたオブジェクトのソースファイルの移動や削除の際に壊れたリンクを修正することです。
作成元 DDEサーバーの名前を設定します。通常は、ソースアプリケーションの名前です。これは、サービスまたはプログラムと呼ばれることもあります。
元のファイル 総合データ名を設定します。多くのアプリケーションで、トピックはファイル名です。
アイテム ソースアプリケーション内部で定義されているDDEリンクのアイテムの番号/名前を設定します。
リンクタイプ DDEリンクのタイプを、文字または音声のどちらかに設定します。
注意: 「元のファイル」フィールドでファイル名も一緒に変更しない限り、「リンクタイプ」は変更しないでください。