MicroStation CONNECT Edition Help

複線を配置

同一平面上の複線を配置するために使用します。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「複線」
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「配置」
  • ツールボックス:複線

アクティブな複線定義は、「複線のスタイル」ダイアログボックスで設定します。

配置方法 基準線の位置 イラストレーション
基準線 アクティブな複線定義に従って、オフセット位置0.0に配置されます(図では破線の位置)。


中心 最も外側の構成要素の線分の中間になるように調整されます。中心に構成要素の線分がある場合には、基準線はそこに重なります。


最大 「オフセット」が最大となる構成要素の線分に重なるように調整されます。


最小 「オフセット」が最小となる構成要素の線分に重なるように調整されます。


テーブルの最大および最小の例は、左から右に描画される場合のポインタを示します。したがって、上の構成要素の線分の「オフセット」は正、下の2つの構成要素の線分の「オフセット」は負となります。



設定説明
線種 使用可能な複線のスタイルのリストから現在の複線のスタイルを設定します。
「複線のスタイル」アイコン 「複線のスタイル」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、複線のスタイルを作成および修正します。
長さ オンの場合には、セグメントの長さを作業単位で設定します。
(アクティブな)角度 オンの場合には、複線の方向がアクティブな角度に拘束されます。アクティブな角度もここで入力できます。
線種尺度 オンの場合、構成線分のオフセット距離が表示される値で拡大/縮小されます。
配置方法 配置するときの複線の基準線の位置、および構成要素の線分のオフセット値を設定します(上の表を参照)。基準線の位置は、個々のセグメントを配置する操作の間に変更できます。ただしこの方法で複線を配置する場合は、頂点を他の要素に関連付ける「関連性」が使用できなくなります。

「要素属性を抽出」 ツールを使用してアクティブな複線の定義をデザイン上の複線の定義と一致させている場合、基準線はオフセットが0,0の位置に割り当てられます。

関連付け このツールがオンで、「スナップロック」がオンの場合には、複線の頂点を別の要素にスナップして、そこに関連付けることができます。
要素を閉じる 複線の最初の点と最後の点を結合します。
キー入力: PLACE MLINE CONSTRAINED
注記: 複線の属性をアクティブな複線の定義に変更するには、「複線を変更」ツールを使用します。