MicroStation CONNECT Edition Help

「線種エディタ」ダイアログボックスの選択済みストロークまたは頂点に関するセクション

これらのコントロールは、「構成要素」リストボックスで点記号構成要素が選択されているときのみ表示されます。

設定説明
選択したストロークまたは頂点に関連付けられた記号の表示色を制御します。
  • 要素 - 線種が使用されている要素の色を使用して、記号を表示します。
  • 記号 - もともと作成された記号の要素の色を使用して、記号を表示します。
線幅 選択したストロークまたは頂点に関連付けられた記号を表示する線幅を制御します。
  • 要素 - 線種が使用されている要素の線幅を使用して、記号を表示します。
  • 記号 - もともと作成された記号の要素の線幅を使用して、記号を表示します。
一部 選択したストロークが部分ストロークの場合には、関連する記号を表示するかどうか、またどのように表示するかを制御します(与えられたストロークでは、要素や要素のセグメントの始めまたは終わりなど、ストロークの一部分のみが表示される事例があります)。
  • 基準点 - (「記号位置」設定値で定義された)記号の始点がストロークの表示部分内にある場合には、記号が表示されます。たとえば、「記号位置」が「中心」に設定されていて、ストロークの半分以上が表示されている場合には、記号も同様に表示されます。一方で、ストロークの半分未満しか表示されていない場合、始点はストロークの表示部分の終端を越えるため、記号は表示されません。
  • プロジェクト - 記号の始点がストロークの表示部分を越える場合でも、記号は表示されます。この場合には、記号の始点はストロークの全長が表示された場合に始点となる場所に点を投影して定義されます。
  • なし - 記号が部分ストロークにアタッチされる場合には、表示されません。
記号も切る オンの場合、および選択したストロークが部分ストロークである場合には、ストロークが切り取られるのと同じ点で記号も切り取られます(切り落とされます)。これは、記号が部分ストロークの範囲を越えて拡張しないようにするときに便利です。
伸ばし可能 オンの場合、および選択した(可変長)ストロークを引き伸ばす場合には、記号はストロークと同じ尺度で引き伸ばされます(ストロークの方向にのみ拡大縮小されます)。オフの場合には、記号は引き伸ばされません。
記号位置 選択したストロークに関連付けられた記号の原点の位置を設定します。
  • 中央 - ストロークの中点。
  • 左 - ストロークの開始点(左端)。
  • 右 - ストロークの終点(右端)。
注記: 「Xのずれ」と「Yのずれ」は、選択した位置からの水平および垂直のオフセットです。
Xのずれ 「記号位置」オプションメニューで設定した位置から、関連付けられた記号の始点が選択したストローク上に配置される位置までの水平オフセット(距離)を設定します。距離は、ストロークパターン(X軸)の水平方向に沿って主単位で測定した値を主単位で指定します。
Yのずれ 「記号位置」オプションメニューで設定した位置から、関連する記号の始点が選択したストローク上に配置される位置までの垂直オフセット(距離)を設定します。距離は、ストロークパターン(X軸)およびその平面に垂直な方向に測定した値を主単位で指定します。
回転 選択したストロークまたは頂点にアタッチする記号の回転に影響します。
  • 相対 - 記号の回転「角度」は、ストロークの方向との相対角度です。つまり、ストロークはX軸、角度はストロークからの左回転です。表示されると、記号は線の方向に回転します。記号が連続線分の頂点にアタッチされている場合には、(複線の接合線と同様に)その回転は直前のセグメントと次のセグメントの角度の平均に基づいて決められます。
  • 絶対 - 記号の回転「角度」は、要素を最初に配置したビューのX軸との相対角度です。表示されると、記号の回転は"ロックされて"表示され、ストロークの方向には影響されません。
  • 調節済み - 相対に似ていますが、記号は必要なときに自動的に"反転"されるので、寸法テキストと同様に、常に"右上"に表示されます。このオプションは点記号で文字を使用するときに、たいへん便利です。
角度 選択したストロークまたは頂点にアタッチした記号に対して、左回りに回転角度を設定します。正確な角度効果は、「回転」によって異なります。
選択 「点記号を選択」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、選択したストロークに関連する記号を選択します。
注記: 記号を作成するには、「点記号を作成するには」の手順に従ってください。
名前 開いている線種ライブラリのすべての記号名を一覧表示します。選択した点記号は、リストボックスの下に表示されます。
削除 記号および選択したストロークや頂点の間の関連性を取り消します。
作成 「点記号を作成」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、点記号を作成します。

このボタンは、要素が選択されていない場合や枠が配置されていない場合には淡色表示されます。