MicroStation CONNECT Edition Help

「線種エディタ」ダイアログボックスのストロークパターン属性に関するセクション

ストロークパターン属性を修正するために使用するコントロールが含まれています。これらのコントロールは、「構成要素」リストボックスでストロークパターン構成要素が選択されているときのみ表示されます。



設定説明
シフト ストロークパターンをシフトしたり(ずらしたり)調節したりする、距離または割合を設定します。
  • 距離 - 要素または要素セグメントの開始点を基準にしてストロークパターンをシフトする(主単位の)相対距離です。たとえば、ストロークパターン構成要素の半分の長さに設定すると、ストロークパターンが繰り返される前に、後の半分のストロークパターンのみが要素の開始部分に表示されます。
  • 割合 - 要素または要素セグメントの開始と終了で表示される最初のストロークの割合(小数単位)です。可変長の各ストロークは拡大縮小されます。
  • 中央 - 線に沿ってフィットするパターンの完全な繰り返しの回数を計算します。一連の繰り返し回数から最初のダッシュ(-)を取り除いた値を、線に沿って中央揃えにします。線分の先頭位置で最初のダッシュが残りの間隔を埋めるように伸縮して、線分の末尾にコピーされます。先頭および末尾のダッシュは長さが同じため、最大長はパターンの長さの半分に達します。中央揃えの線種が追加されているのは、DWG互換性を維持する目的からです。
注記: 「線種」ダイアログボックスの「シフト」を設定すると、この設定値よりも優先させることができます。
反復 1つの要素または要素セグメントの長さ全体を繰り返すストロークパターンの回数を設定します。反復回数を固定する必要はありせん。

オプションメニューには次のオプションがあります。

  • 無制限 - ストロークパターンは、要素を表示できる限り何度でも繰り返されます。
  • 回数 - 反復の回数をオプションメニューの右のフィールドで設定して固定します。可変長の各ストロークは拡大縮小されます。
線分ごと オンの場合には、ストロークパターンは各要素セグメント(表示可能ベクトル)の終点で切り落とされ、各セグメントの始めから再び開始します。オフの場合には、あるセグメントから次のセグメントまで連続したストロークが続きます。