MicroStation CONNECT Edition Help

「JTファイルの設定」ダイアログボックス

メッシュ要素から構成されるJTファイルをDGNファイルにインポートするために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「インポート」 > 「交換ファイルタイプ」 > 「JTフォーマット(*.jt)」の順に選択し、インポートするファイルを選択し、「オプション」ボタンをクリックします


設定説明
詳細レベル 異なる詳細レベルが使用可能な場合、インポートする詳細レベルを選択できます。詳細レベルがゼロ(0)の場合、最も細かく、ファイルサイズが最大になります。数値が高くなるほど、ファイルが詳細ではなくなり、ファイルサイズが小さくなります。既定はゼロ(0)です。
パーツとしてのアセンブリ 選択すると、アセンブリはセルにグループ化されず、個別のパーツとして処理されます。選択しない場合、アセンブリはネストされたセルとして処理されます。既定では、選択されません。
Brepを解除 選択すると、B-repソリッドがサーフェスに解除されます。ソリッドに複数の色のフィーチャが含まれる場合に便利です。
常にこのダイアログを表示 オンの場合、ファイルをインポートするたびにダイアログが表示されます。オフの場合、ダイアログは表示されず、前回の設定値が使用されます。ダイアログをオンに戻すには、「オプション」「ファイルを開く」ダイアログボックス)をクリックします。

バッチ処理を使用するときには、「常にこのダイアログを表示」をオンにするべきではありません。