MicroStation CONNECT Edition Help

「オブジェクトを挿入」ダイアログボックス

アクティブなデザインファイルに配置するオブジェクトのアプリケーションを開くために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ユーティリティ」 > 「ユーティリティ」 > 「OLE」 > 「オブジェクトを挿入」
  • リボン:「モデリング」 > 「ユーティリティ」 > 「ユーティリティ」 > 「OLE」 > 「オブジェクトを挿入」


「新規作成」が選択された「オブジェクトの挿入」ダイアログボックス

設定説明
オブジェクトの種類 デザインにオブジェクトをインポートできる可能性のあるアプリケーションをすべて一覧表示します。
新規作成 オンの場合は(既定)、「オブジェクトの種類」リストボックスから選択したアプリケーションを起動します。「OK」をクリックすると、選択したアプリケーションが開き、新規オブジェクトへのリンクがデザインファイルに直ちに配置されます。データが「クリップボード」に貼り付けられることはありません。
ファイルから作成 オンにすると、「オブジェクトタイプ」リストボックスが「ファイル」パスフィールド、「参照」ボタンおよび「リンク」チェックボックスに変わります。


「ファイルから作成」が選択された「オブジェクトの挿入」ダイアログボックス

ファイル リンクするファイル、または埋め込むファイルのパスを入力できます。
参照 アクティブなデザインファイルにインポートする既存ファイルを検索するための「参照」ダイアログボックスが開きます。
Link オンの場合は、「OK」をクリックすると、パスフィールドで選択したファイルのピクチャが自動的にデザインファイルにリンクされます。
アイコンで表示 オンの場合は、「新規作成」を選択すると、選択した「オブジェクトの種類」の新規オブジェクトがアイコンとしてドキュメントに挿入され、表示されます。

オンの場合は、「ファイルから」を選択すると、選択したファイルの内容がドキュメントにオブジェクトとして挿入され、アイコンとして表示されます。

アイコンを変更 表示する別のアイコンを選択するための「アイコンの変更」ダイアログボックスが開きます。このボタンは、「アイコンで表示」がオンになっている場合にだけ表示されます。
結果 「新規作成」および「ファイルから」ラジオボタンと「リンク」チェックボックスを選択するとどのようになるかを説明します。
キー入力: OLECNTR INSERT