MicroStation CONNECT Edition Help

押印

ソリッドの面上に、線分、連続線分、長方形、円、多角形を描画するか、曲線を押印するか、既存のエッジのオフセットコピーを作成することによって、ソリッド上にエッジを作成するために使用します。新しく作成されたエッジ、頂点、および面を含むソリッドは、「ソリッドエンティティを修正」ツールを使用して修正することができます。

既定で、このツールは、最も近くのソリッド面を認識して、デザイン平面を選択された面にそろえます。

ツール設定値ウィンドウの名前が、ウィンドウ内で選択したアイコンに応じて変更されます。

エッジまたは面を選択すると、アキュドローコンパスは図形に基づいて自動的に方位設定を行い、ソリッド上の描画の正確性と直感性を高めます。このツールをアクティブにする前に準備作業としてアキュドローの向きを設定する必要がなくなります。「曲線を押印」オプションでは、1回以上のリセットを入力することによって、別の面の背後にある面を選択することができます。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「モデリング」 > 「ソリッド」 > 「フィーチャ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「修正」 > 「フィーチャ」
  • ツールボックス:ソリッドフィーチャ

このツールによって作成されたエッジは、「ソリッドエンティティを削除」ツールを使って削除することができます。

設定説明
「ソリッドに多角形または連続線分を描画」アイコン


ソリッドの面上に、単一線分、連続線分、または閉じた多角形を描画することができます。

描画された線分または連続線分が面の既存のエッジに接続されていない場合は、自動的に既存のエッジまで延長されます。

「ソリッド上に円を作成」アイコン


ソリッドの面上に円を描画することができます。
「ソリッド上に長方形を作成」アイコン


ソリッドの面上に長方形を描画することができます。
「ソリッドに要素を押印」アイコン


ソリッドの面上に閉じた要素を押印することができます。目的の面がビュー内の別の面の背後にある場合は、最も近くの面を選択して、目的の面がハイライト表示されるまでリセットを入力し続けます。
「オフセットソリッドエッジを押印」アイコン


ソリッド面のエッジからのオフセット線を描画します。このエッジには、以前ソリッドの面上に描画したエッジも含めることができます。

アキュドローコンパスを移動して、内側(ソリッド内部)にエッジを配置することができます。一方、外側(ソリッドの外部、または負の「距離」設定値)にエッジを配置することはできません。

要素を閉じる (「ソリッドに多角形または連続線分を描画」のみ)最初の点と最後の点の間の要素を閉じます。
エッジからエッジへ (「ソリッドに多角形または連続線分を描画」のみ)最初のデータ点のクリックが線分の開始点を決定します。エッジまたは頂点を選択すると、わずかにアキュドローコンパスを移動することで作成する面を選択し、面に対して相対的にアキュドローの方位設定を行います。面のデータボタンをクリックしてソリッドを選択する場合は、面が自動的に選択されます。
プロファイル フィーチャの作成後にプロファイルの動作を設定します。
  • 非表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられますが、表示されません。プロファイルをもう一度使用または修正するには、「リセット」ポップアップメニューの「入力要素を表示」コマンドまたは「入力要素を表示」ツールを使用する必要があります。
  • 表示 - プロファイルは後で変更できるようにフィーチャと関連付けられ、表示されます。これにより、別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。プロファイルを変更すると、両方の操作が影響を受けます。
  • コピーして非表示 - 「非表示」と似ていますが、最初にプロファイルのコピーが作成され、元のプロファイルは関連付けられない点が異なります。これにより、前のフィーチャに関連付けない別の3次元操作で同じプロファイルをすぐに再利用することができます。
方法 (「オフセットソリッドエッジを押印」のみ)オフセットするエッジの選択に使用する方法を設定します。
  • ループ - ソリッド面上の選択点を囲むすべてのエッジを選択します。
  • エッジ - ソリッド面上の1つ以上のエッジを選択します。<Ctrl>キーを押しながらデータ点を入力して、その他のエッジを選択します。
距離 (「オフセットソリッドエッジを押印」のみ)選択したエッジと描画されたエッジの距離を設定します。
変数リンク
「変数」ダイアログボックスで定義した既存の変数を使用して入力値を設定することができます。
注記: 変数が存在しない場合は、最初に変数を作成するよう警告されます。
モード (「オフセットソリッドエッジを押印」のみ)エッジのオフセットのタイプを設定します。
  • 丸み - 角が丸いオフセットを作成します。
  • オリジナル - 角張ったオフセットを作成します。
キー入力: PUSHPULL DRAW