MicroStation CONNECT Edition Help

座標値をインポート

ASCIIテキストファイルから座標値をインポートして、点、文字、またはセルとして配置するために使用します。補助座標系のロックがオンになっている場合は、このツールで使用される座標値は、アクティブ補助座標系に基づいています。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「注釈」 > 「地形モデル」 > 「座標値」分割ボタン
  • ツールボックス:XYZ文字


次のインポートオプションを使用できます。

インポート オーダー
  • XYX
  • YXZ
文字
  • XYZ
  • YXZ
  • TXYZ(文字、X座標値、Y座標値、Z座標値)
  • TYXZ(文字、Y座標値、X座標値、Z座標値)
  • XYZT(X座標値、Y座標値、Z座標値、文字)
  • YXZT(Y座標値、X座標値、Z座標値、文字)
セル
  • XYZ
  • YXZ
  • CXYZ(セル、X座標値、Y座標値、Z座標値)

  • CYXZ(セル、Y座標値、X座標値、Z座標値)
  • XYZC(X座標値、Y座標値、Z座標値、セル)
  • YXZC(Y座標値、X座標値、Z座標値、セル)
設定説明
ファイル名 座標値をインポートするASCIIテキストファイルの名前が表示されます。
参照 「インポートファイルを開く」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでは、座標値をインポートするテキストファイルを選択できます。
インポート 座標値をデザインにインポートする方法を定義します。
  • 点要素 - 選択したASCIIファイルから座標値を点としてインポートします。
  • 文字 - 選択したASCIIファイルから座標値を、「文字」フィールドで指定した文字としてインポートします。
  • セル - 選択したASCIIファイルから座標値を、「セル」フィールドで指定したセルとしてインポートします。
オーダー 座標値をインポートする順番として「XYZ」または「YXZ」を定義します。
ビュー インポートした座標値を表示するビューの向きを選択できます。
「文字」フィールド インポートした各座標値に配置する文字列を指定できます(最大10字)。このフィールドは、「インポート」オプションメニューから「文字」を選択した場合に使用できます。
「セル」フィールド インポートした各座標値に配置するセルを指定できます。このフィールドは、「インポート」オプションメニューから「セル」を選択した場合に使用できます。
処理 座標値のインポートを開始します。
キー入力: IMPORT POINTS