MicroStation CONNECT Edition Help

「CGMファイルをインポート」ダイアログボックス

「CGMファイルを開く」ダイアログボックスで選択したCGMファイルのインポート設定値を調整するために使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「ファイル」 > 「インポート」 > 「交換ファイルタイプ」 > 「CGM (*.cgm)」の順に選択し、インポートするファイルを選択し、「開く」をクリックします
「CGMファイルをインポート」ダイアログボックスのメニューから開かれるダイアログボックスで、CGMファイルの変換方法を制御する設定値を調節します。


設定説明
入力ファイル CGMファイルの名前、バージョン、注記、尺度を表示します。
ステータス ファイルの変換中に、進行状態に関するメッセージを表示します。
開く CGMファイルをインポートします。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「アタッチ」 「設定値ファイルをアタッチ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、インポート設定値ファイルをアタッチします。
注記: コントロールは、「開く」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「保存」 インポート設定値を、アタッチしたインポート設定値ファイルに保存します。
「ファイル」メニュー>「設定値ファイル」>「名前を付けて保存」 「設定値ファイルを名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、インポート設定値を新しいインポート設定値ファイルに保存します。
注記: このコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「ファイル」メニュー>「ログファイル」 代替ログファイルの指定に使用する「ログファイル」ダイアログボックスが開きます。
注記: このコントロールは、「名前を付けて保存」ダイアログボックスのコントロールと同様です。
「設定値」メニュー>「全般」 「CGMインポート設定値」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGMファイルのインポートに関する一般設定を指定します。
「設定値」メニュー>「フォント」 (CGMインポート)「フォント」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGMフォントをMicroStationフォントに変換する方法を設定します。
「設定値」メニュー>「画層」 (CGMのインポート)「画層」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGM画層をMicroStation画層に変換する方法を設定します。
「設定値」メニュー>「線種」 (CGMインポート)「線種」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGM線種をMicroStation線種に変換する方法を設定します。
「設定値」メニュー>「線幅」 (CGMインポート)「線幅」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、CGMポリラインの幅をMicroStation線幅に変換する方法を設定します。