MicroStation CONNECT Edition Help

「外形線の設定」ダイアログボックス

非ラスタライズモードで隠線の表示スタイルを印刷するときと、3次元アタッチ用に外形線を統合するときに、外形線の設定を制御するために使用します。

開くには、次の操作を行います。

  • 「参照点を統合する」ツール設定値ウィンドウの「外形線の設定」アイコンをクリックします。
  • V8、V7、DWG、あるいはDXFファイルとしてファイルを保存(「ファイル」 > 「名前を付けて保存」)し、「オプション」ボタン、「参照」タブの順にクリックし、「3Dアタッチの外形線を統合」チェックボックスをオンにし、その隣の「外形線の設定」アイコンをクリックします。
  • 「印刷」ダイアログボックスで、「設定値」 > 「外形線の設定」を選択します。




「3Dアタッチの外形線を統合」チェックボックスの横のアイコンをクリックして開いたときの「外形線の設定」ダイアログ



「印刷」ダイアログボックスで「設定値」 > 「外形線の設定」の順に選択して開いたときの「外形線の設定」ダイアログボックス

このダイアログの設定値は、「外形線設定値」ダイアログと同じです。「外形線設定値」ダイアログの「隠線」タブと「外形線」タブの設定値が「線属性」タブで統合されます。