MicroStation CONNECT Edition Help

要素を分解

要素をより簡単な構成要素に分解するために使用します。ツール設定値は、ツールが処理を行う対象となる要素のタイプを指定します。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「グループ」 > 「分解」分割ボタン
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「グループ」 > 「分解」分割ボタン
  • ツールボックス:「分解」


設定説明
複合 オンの場合、複合要素(セル、複合連結、複合図形、文字ノード、曲面、またはソリッド)は要素に変換されます。
連続線分/多角形 オンの場合、連続線分と多角形は線分の連続に変換されます。
複線 オンの場合、複線要素は連続線分、線または弧のセットに変換されます。
文字 オンの場合、文字要素中の文字は線分、連続線分、楕円、弧、楕円および多角形を描くために使われる個々の要素に変換されます。
アプリケーション要素 オンの場合、細かい幾何の分解に使用されます。
寸法 オンの場合、寸法要素は線分、連続線分、楕円、弧と文字に変換されます。
  • 図形 - 線分、連続線分、楕円、弧、文字に分解します。
  • 個別寸法 - 個別の寸法に分解します。
共有セル オンの場合、関連オプションメニューを使用して共有セルの変換方法を指定します。
  • 図形 - 構成要素に分解されます。
  • 通常セル - 非共有セルに変換されます。
ソリッド (3次元のみ)オンの場合、関連オプションメニューを使用してスマートサーフェスまたはスマートソリッドの変換方法を指定します。
  • サーフェス - 単純曲面に分解されます。
  • ワイヤフレーム - ワイヤフレーム要素に分解されます。
枠使用 枠の配置に関連して、操作する枠内要素を定義する枠選択モードを設定します。
キー入力: DROP ELEMENT
注記: 「部分削除」は要素を同時に1画層しか分解できません。たとえば、「複合」と「連続線分/多角形」をオンにして、線分が2つある複合図形を処理すると、複合図形は分解されますが、構成連続線分はそのままです。つまり、この処理で2つの連続線分ができます。