MicroStation CONNECT Edition Help

複合図形を作成

一連の開いた平面要素(線分、連続線分、円弧、曲線、および開いたB-スプライン曲線)から複合図形(単独の基本要素であるかのように扱うことができる閉じた複合要素)を作成するために使用します。作成される複合図形は、構成要素の属性に関係なくアクティブな要素の属性を引き継ぎます。

このツールには、次からアクセスすることができます。

  • リボン:「作図」 > 「ホーム」 > 「グループ」
  • リボン:「モデリング」 > 「ホーム」 > 「グループ」
  • ツールボックス:グループ


設定説明
方法 複合図形に要素を追加する方法を設定します。
  • 手動 - 各要素を手動で選択します。
  • 自動 - 第1の要素を選択して承認した後、追加の開いた要素の終点が互いに「許容差」距離内にあれば、閉じた図形が作成されるまでそれらの要素が自動的に選択されます。該当する要素が(要素の終点において)2つ以上存在する場合、ハイライト表示されている要素を承認するか、またはリセットして他の要素を表示するかを選択できます。
許容差 「方法」が「自動」に設定されている場合に、連続した要素間で許容される最大距離。

ゼロを設定した場合、互いに接続している(共通の終点を持つ)要素だけを追加することができます。

幾何形状を単純化 オンの場合、接続されている線分が境界線に連続線分として追加されます。接続されている線分だけを選択した場合、複合図形ではなく基本図形要素が作成されます。
領域 作成する図形のタイプを設定します。
  • ソリッド - 作成される図形はソリッドです(ハッチングやパターニングを行えます)。
  • ホール - 作成される図形はホールです(ハッチングやパターニングを行えません)。
塗り潰しタイプ アクティブな塗り潰しタイプを設定します。
  • なし - 塗り潰しなし。
  • 不透明 - アクティブな色で塗り潰します。
  • 縁どり - 「塗り潰しの色」で塗り潰します(図形のアウトラインはアクティブな色で塗られます)。
塗り潰しの色 「塗り潰しタイプ」が「縁どり」に設定されている場合に複合図形を塗り潰す色とグラデーション(オプション)を設定します。「塗り潰しタイプ」が「縁どり」に設定されていない場合は無効(淡色表示)になります。
キー入力: CREATE SHAPE [ MANUAL | AUTOMATIC ]
注記: 要素が接続されるとき、接続は"線分"として表示されます。このような接続は複合連結の一部ですが要素ではありません。これらは複合状態を解除したときに表示されなくなります。要素は複合連結にする前に手動で接続しておくことが推奨されます。
注記: 選択された第1の要素に接続されている要素を承認すると、複合図形が閉じられます。「許容差」内に要素が存在しない場合、第1の要素の開いた終点と最後の要素の開いた終点との間に線分が作成され、複合図形が閉じられます。
注記: 複合図形を個々の構成要素に戻すには、「部分削除」ツールを使用します。
ヒント: 接続された弧および線分の複合図形を1つのツールで作図するには、「スマートラインを配置」ツールを使用します。