MicroStation CONNECT Edition Help

Google Earth(KML)ファイルをエクスポート

デザインの幾何をGoogle Earthにエクスポートするときに使用します。Google Earth内の幾何の位置は次のように定義することができます。

このツールには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ユーティリティ」 > 「地理座標系」 > 「Google Earthファイルをエクスポート」
  • ツールボックス:地理座標系

モデルのエクスポートに関係する設定値は、「Google Earthの設定」ダイアログボックスにあります。

エクスポートでは、KMZファイルタイプが使用されます。これは、KMLの圧縮バージョンです。どちらのファイルタイプも、Google Earthから認識でき、自動的に抽出されます。一般的に、KMLドキュメントはサイズが非常に大きいため、圧縮形態が使用されます。

出力KMLファイルの既定のディレクトリは、構成変数MS_KMLOUTを設定して制御できます。この変数が設定されていない場合、出力ディレクトリの既定値は現在のDGNファイルの位置です。

幾何はそのままの見た目でエクスポートされます。つまり、ビュー属性と画層設定はアクティブなビューから取得されます。「Google Earthのエクスポート設定」ダイアログボックスの「レンダリングモード」が「ビューから」に設定されている場合、表示モードもアクティブなビューから取得されます。そのため、Google Earthに表示したいビューを設定することが重要です。出力は最小限に抑え、必要なデータのみを含めるようにします。不要な画層の表示はオフにします。テキストや寸法を出力ファイルから除外する場合、その表示属性も無効にします。

一般的に、「ワイヤフレーム」表示モードは2次元モデルに適しています。一方、ほとんどの3次元モデルでは、出力の表示を「スムーズシェーディング」に設定することが推奨されます。

キー入力: EXPORT GOOGLEEARTH [ <filename> ]