MicroStation CONNECT Edition Help

「参照に地理座標系を設定」ダイアログボックス

アクティブなモデルのGCSに基づいて、アタッチされている参照の地理座標系(GCS)を設定するために使用されます。GCSを標準ライブラリから選択した場合は、座標一致参照ファイル、尺度が与えられていない参照ファイル、回転前の参照ファイルの各GCSを設定するために使用できます。GCSがPlacemarkの目印から算出されている場合は、尺度が与えられていない参照のGCSを設定するために使用できます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「地理座標系」ダイアログボックス - 「参照先」アイコンを選択します。


設定説明
地理座標系を設定する参照を選択 アクティブなモデルにアタッチされた参照を表示します。
適用 参照のアクティブ化に必要なすべての要件および特性を備えているMicroStationの参照アクティブ化機能を使用して、選択した参照にGCSを書き込みます。書き込み可能な参照が解放されるまで、変更は取り消せません。