MicroStation CONNECT Edition Help

「参照からの地理座標系」ダイアログボックス

アタッチされた参照のGCSをアクティブなモデルに割り当てるために使用します。アタッチされた参照に標準のGCSが指定されており、拡大/縮小や回転が行われていない場合、または算出されたランベルト正積方位図法GCSを持つ参照が拡大/縮小なしで(移動または回転されていても構いません)アタッチされている場合は、参照を使用してアクティブなモデルの向きを指定できます。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「地理座標系」ダイアログボックス - 「参照元」アイコンを選択します。

参照がアタッチされている地理座標系で地理的な参照のモードがオンの場合、その参照をGCSのソースとして使用することはできません。位置は、そのGCSとアクティブなモデルの現在のGCSに基づいて算出されるため、ソースとして選択しても現在のGCSは変更されません。「コメント」列には、特定のアタッチをGCSソースとして使用できない理由が表示されます。



設定説明
参照を地理座標系のソースとして選択 アクティブなモデルにアタッチされた参照を表示します。
選択した参照からの地理座標系 選択した参照のGCSの座標系プロパティを表示します。