MicroStation CONNECT Edition Help

「Placemarkから地理座標系を定義」ダイアログボックス

構造中心の座標系を使用する場合に、Placemarkで定義されるGCSを選択するために使用します。地理的なPlacemark、名前を含むセル、緯度、経度、および高度は、デザインの地理的な位置を示します。経度、緯度、高度のフィールドにより、WGS 84データムに対する地理的位置が指定されます。WGS 84データムは、GPSデバイスやGoogle Earthで使用されるデータムです。デザインファイルにおける対応する位置は、セルの配置ポイントで指定します。セルの尺度と回転によって、地理的なPlacemarkとしての意味合いが影響を受けることはありません。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「地理座標系」ダイアログボックス - 「元のPlacemark」アイコンを選択します。

モデルの地理的な位置の情報が提供されると、ランベルト正積方位図法GCSが算出されます。このGCSの算出にはPlacemarkが少なくとも2つ必要で、Placemarkは対象範囲全体に及んでいる必要があります。Placemarkの作成には、「Placemarkの目印を定義」ツールを使用します。

Placemarkから算出される地理座標系の精度は、計算に使用されたPlacemarkデータと同程度にしかできません。算出されたGCSを使用して地理的な位置が指定されている他のデザインを参照すると、誤差が累積します。したがって、参照デザインにおけるフィーチャ間の距離は近似として扱ってください。



設定説明
Placemarkの目印が見つかりました モデルに含まれるPlacemarkを、それぞれの地理座標系とデカルト座標系付きで一覧表示します。

基準点には、最も重要なPlacemarkが使用されます。2番目の列にドット付きで表示されるPlacemarkは、Placemarkを使用して算出されたランベルト正積方位図法GCSの中心として使用されます。このことは、算出されたパラメータのセクションの「緯度」、「経度」、「偏東距離」、「偏北距離」の値で確認できます。

距離と方位角の誤差の列では、使用されたPlacemarkのセットが内部的に一貫しているかどうかがわかります。すべての誤差値が小さい状態が理想的です。

「最大変形角度」と「最大変形尺度」には、モデルの各要素間で発生している最大変形値が表示されます。最大変形尺度が0.01%を超えた場合、または最大変形角度が2´を超えた場合は、モデルの範囲が大きすぎて、方位座標系が正しく機能していません。

Placemarkの目印から算出した座標系 Placemarkを使用して算出された座標系が表示されます。