MicroStation CONNECT Edition Help

「地理座標系」ダイアログボックス

定義済み地理座標系ライブラリから地理座標系(GCS)を選択します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • リボン:「作図」 > 「ユーティリティ」 > 「地理座標系」 > 「座標系」
  • リボン:「管理」 > 「ホーム」 > 「環境」 > 「地理座標系を選択」
  • ツールボックス:地理座標系


設定説明
詳細


「地理座標系プロパティ」ダイアログボックスが開きます。
GEOCOORDINATE DETAILS
ライブラリから選択


「地理座標系を選択」ダイアログボックスが開きます。
GEOCOORDINATE SELECT LIBRARY
GEOCOORDINATE ASSIGN NOQUERY [ GCS名 ]
GEOCOORDINATE ASSIGN REPROJECT [ GCS名 ]
GEOCOORDINATE ASSIGN MATCHUNITS [ GCS名 ]
注記: GEOCOORDINATE ASSIGN NOQUERYキー入力コマンドは、通常、地理座標系がファイルに割り当てられていない場合に使用します。指定した地理座標系が割り当てられますが、ユーザーの問い合わせ、再投影、またはストレージ単位の変更は行われません。ストレージ単位が正しい場合、地理座標系の割り当てに使用できます。ユーザー選択事項ファイル(*.UPF)に保存されている値が使用されます。
注記: GEOCOORDINATE ASSIGN REPROJECTキー入力コマンドは、新しいGCSにデータを再投影します。指定した地理座標系が割り当てられますが、単位を変更できないため、ユーザーの問い合わせは行われません。このキー入力コマンドは、1つの地理座標系から別の地理座標系へファイルを再投影するため、ファイルにはあらかじめ地理座標系が定義されている必要があります。
注記: GEOCOORDINATE ASSIGN MATCHUNITSキー入力コマンドはGCSを修正しますが、データは変更されません。指定した地理座標系が割り当てられ、ストレージ単位が地理座標系のストレージ単位に合わせられますが、ユーザーの問い合わせや再投影は行われません。このキー入力コマンドを使用すると、地理座標系は、地理座標系に合わせて単位を変更する必要があるファイルに割り当てられます。このキー入力コマンドは、ファイル内の単位が正しくない場合に使用します。一般的に米国SP座標のマッピングで使用されます。多くのユーザーはMicroStationからフィート単位を選択してきました。ただし、これらのフィートは国際的なフィート単位であり、米国SP座標システムは米国地質調査所によるフィートで定義されているため、小さいけれど長距離では重大な変更になります。このキー入力コマンドによって、デザインファイルの単位が指定した座標システムにとって正しい単位に変更されます。
元のPlacemark


「Placemarkから地理座標系を定義」ダイアログボックスが開きます。Placemarkの目印がアクティブなモデルにない場合、このツールは選択できません。
GEOCOORDINATE SELECT PLACEMARK
参照元


「参照からの地理座標系」ダイアログボックスが開きます。使用できる参照アタッチメントがない場合、このツールは選択できません。
GEOCOORDINATE SELECT REFERENCE
参照先


「参照に地理座標系を設定」ダイアログボックスが開きます。使用できる参照アタッチメントがない場合、このツールは選択できません。
GEOCOORDINATE TOREFERENCE
元ファイル


参照としてアタッチされていなくても、GCSを別のデザインファイルのモデルから現在のファイルに適用できます。
GEOCOORDINATE SELECT FILE
再投影設定を編集


「再投影設定」ダイアログボックスが開きます。
GEOCOORDINATE SETTINGS
地理座標系を削除


モデルにアタッチされた地理座標系を削除します。
GEOCOORDINATE DELETE
名前 現在の地理座標系の名前を、ライブラリに指定されているとおりに示します。
説明 現在の地理座標系の説明を、ライブラリに指定されているとおりに示します。この説明は、「地理座標系プロパティ」ダイアログボックスで変更できます。
ソース 現在の地理座標系のソースを、ライブラリに指定されているとおりに示します。