MicroStation CONNECT Edition Help

アキュドローのデザイン平面

アキュドローのデザイン平面は、操作の中心となるものです。デザインの作業中に、アクティブなツールによる指示、最後に配置された座標、主要なアキュドロー設定値など、多数の要因に基づいてデザイン平面の方向が決定されます。これを文脈依存処理と呼びます。

たとえば、「スマートラインを配置」ツールを使用したとき、アキュドローコンパスの向きは、データ点を入力するごとに変化します。これは「スマートラインを配置」ツールがアキュドローの文脈依存性を利用しており、最後の2つのデータ点の間の角度に合わせて平面の軸を回転するように設計されているためです。



「スマートラインを配置」はコンパスの向きを制御します。

この機能は、「アキュドロー設定値」ダイアログボックスを使って無効にできます(「処理」セクションの「文脈依存性」チェックボックスをオフにします)。この場合には、コンパスは通常の軸ビューの向き(+Xが右向き、+Yが垂直上向き)を保持します。