MicroStation CONNECT Edition Help

正距円錐図法

最も歴史が古く、最も単純な円錐図法です。単純円錐法または円錐法とも呼ばれ、西暦150年ごろにプトレミーが考案したとされています。緯線は等間隔の同心円の弧になり、子午線は緯線と直角に交わります。南北よりも東西に長い地図に適しています。現在でも、多くの小さな国で使用されている投影法です。

単純円錐図法と呼ばれる場合もあります。