MicroStation CONNECT Edition Help

置換マップ

バンプマップと置換マップのどちらも、図形を作成する必要なく、リアルな3次元効果を材質に追加することができます。たとえば、れんが壁の材質定義に含まれるバンプマップによって、れんがやモルタルをモデル化する必要なく、レンダリング画像内でリアルなれんがが生成されます。

ただし、バンプマップが本物らしくない部分が図形の端にあります。このような場所では、バンプマップではなく基になる図形の線が表示されます。また、置換マップは最初の位置に置換マップを作成する際に使用される図形のシミュレーションを行い、基になる要素の位置で置換マップの図形を表示します。次の図を参照してください。左の図にはバンプマップが適用され、右の図には置換マップを使用しています。



バンプマップ(左)と置換マップ(右)の比較

既存の図形から置換マップを作成できます。作成した置換マップは、今後のレンダリングでの図形のシミュレーションに使用することができます。