MicroStation CONNECT Edition Help

ファイルを保護するには

  1. ファイル保護機能を有効にします。
  2. 証明書またはパスワードでファイルを保護します。
  3. 保護されたファイルにアクセスできるユーザーのライセンスを作成します。

    作成できるライセンスは、証明書パスワード全員のいずれかまたはすべてです。

  4. (オプション) デジタル権に準拠するアプリケーションを指定します。
  5. 保護されたファイルを適切なユーザーに配布します。
    PROTECT FILEOPENを使用すると、保護されたファイルと証明書を直接開くことができます。

    PROTECT FILEOPEN [PASSWORD | CERTIFICATE] <ファイル名><パスワードまたは証明書名>」を入力すると、ファイルが開き、ファイルがアクティブになります。このパスワードや証明書を指定する機能は、マクロやアプリケーションで、保護されたファイルを操作するときにユーザーへ証明情報の入力を求めないようにする場合に有効です。

    注記: PROTECT LICENSE ADD CERTIFICATE PROTECT LICENSE ADD EVERYONEPROTECT LICENSE ADD PASSWORDを使用すると、ライセンスを作成できます。