MicroStation CONNECT Edition Help

クラス

MicroStation DGNファイルでは、要素のクラスに基づいて要素の表示を制御できます。「下書き」は、一般に、実際のモデルには使用されない下書き用の幾何形状に使用されます。MicroStationでは、すべての領域および線パターン幾何形状に対して「パターン」作図が使用されます。要素に線パターンが適用される場合、要素の作図は、線パターンに変更されます。要素とその線パターン幾何形状の両方を表示するのは望ましくないので、ビューパターン表示属性をオンにして、線パターン幾何形状の表示が自動的に無効になるようにします。

DWGファイルには同類の概念はありません。関連性パターンは、ハッチングエンティティとして保存され、AutoCADのFILLMODE設定を使って(塗り潰しジオメトリとともに)制御できますが、関連性のないパターンおよび線パターンは、単純なジオメトリとして保存されるため、このような制御を行うことはできません。

DWGファイルに保存される作図の操作

「下書き」、「パターン」、または「線パターン」の各作図要素を含むDGNファイルを操作する場合は、これらの作図をDWGファイルに保存する方法を定義することができます。これを行うには、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「クラス」オプションを使用します。

DWG作業モードでの作図の操作

DWG作業モードでは、「本図」作図要素のみを使用することができます。