MicroStation CONNECT Edition Help

ダイナミックビュー

ダイナミックビュー機能が、次のように強化されています。

図面境界

従来、シートの作成やレイアウト決定はほとんどが手動であり、非常に時間がかかる処理でした。これに対処するために、シート上の図面の位置をすばやく簡単に定義することができるように図面境界機能が提供されています。図面境界はシートモデル上に事前定義された、図面を含めることができる領域です。1つのシートを複数の図面境界に分割することができます。

「図面タイトルを配置」ツールは「図面境界を配置」に名前が変更されています。「図面境界を配置」ツールを使用して、図面境界を配置することができます。「図面境界を配置」ツールに次の設定値が追加されています。
  • 図面タイプ - 作成する図面境界のタイプを設定します。
  • 2点による - 対話的に2つのデータ点を使用して、長方形の境界線を定義して、図面の境界線を作成することができます。
  • 要素による -既存の閉じた要素から図面境界を作成することができます。
「詳細記号スタイル」ダイアログボックスの「図面境界」プロパティに次の設定値が追加されています。
  • 注釈の表示 - バブル、フィールド、および線分を含む注釈を表示または非表示にすることができます。
  • 境界線表示 - 境界線を表示または非表示にすることができます。

名前付き境界

名前付き境界は、名前が関連付けられた任意の閉じた要素です。以前は、枠、切り取り領域、および切り取りマスクから名前付き枠を作成することができました。名前付き枠は、名前付き境界に名前が変更されています。図面境界を使用して名前付き境界を配置することができます。名前付き境界をシート上でグループ化して、図面の処理セットとすることもできます。

「図面を作成」ダイアログ

次の設定が「図面を作成」ダイアログボックスに追加されています。
  • シート - 図面を配置するシートモデルを設定します。「新規」を選択して新しいシートモデルを作成することもできます。
  • 図面境界 - 選択したシート内の空いている図面境界が一覧表示され、図面を配置する図面境界を選択することができます。
  • 「詳細尺度」設定への推奨される尺度の追加 - MicroStationによって次の推奨尺度が計算され、「詳細尺度」ドロップダウンリストに表示されます。
    • 名前付き境界による - (名前付き境界からダイナミックビューを作成する場合にのみ使用可能)名前付き境界に保存されている詳細尺度です。
    • ビューを図面境界に合わせる - 保存ビューのアタッチを選択した図面境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。
    • ビューをシート境界に合わせる - 保存ビューのアタッチを選択したシート境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。
    • デザインを図面境界に合わせる - 保存ビューの向きでデザイン構成モデルを選択した図面境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。2次元詳細ビューをアタッチする場合、この尺度は適用されません。
    • デザインをシート境界に合わせる - 保存ビューの向きでデザイン構成モデルを選択したシート境界に収めることができる、最も近い標準尺度です。2次元詳細ビューをアタッチする場合、この尺度は適用されません。
  • シートファイルの図面を複製 - (シートモデルが現在のDGNファイルとは別のファイル内に作成されるように設定され、そのファイルに図面モデルが含まれていない場合にのみ使用可能)オンにすると、シートモデルを含むファイル内に図面モデルの参照コピーが作成されます。シートモデルを含むファイルが新規の場合、新しい図面モデルは既定のモデルとして設定されます。
  • シートインデックスに追加 - シートインデックスにシートモデルが追加されます。
  • 「シートインデックスからフォルダを選択」アイコン - 「シートインデックスフォルダの選択」が開き、シートモデルの追加先となるフォルダを選択することができます。
  • シートを一致させる - シートモデルに図面境界が含まれていない場合にのみ使用可能です。それ以外の場合、このチェックボックスは淡色表示されます。

図面吹き出し

図面吹き出しでも断面吹き出しと同様に、ステップまたはギャップを作成したり、方向を反転することができるようになりました。