MicroStation CONNECT Edition Help

基本的な文字編集機能

文字を編集するための作業フローは通常、次のような手順です。

  1. 「テキストエディタ」ウィンドウを開きます(「文字を配置」ツールなどから)。
  2. マウスまたはキーボードを使用してキャレット(挿入点を示す縦棒)を配置します。
  3. キーボードを使用して文字を入力するか、シンボルセレクタを使用してシンボルを挿入します。
  4. ビューのデータボタンをクリックして、変更を確定するか文字を配置します。
注記: 「テキストエディタ」ウィンドウを使用せずに文字を配置(または文字をインポート)することも可能です。
注記: テキストエディタで表示できるのはTrueTypeフォントのみです。TrueType以外のフォントの文字を表示するために、元のフォントと外観が同じ、一時的なTrueTypeフォントを作成します。一時的なTrueTypeフォントは必要になったときに初めて作成され、この製品が終了するときにアンロードされます(セッション中はキャッシュされます)。まれに、TrueTypeフォントの生成に時間がかかったり、望ましくない結果が発生することがあります。そのような場合は、フォント構成ファイルを修正して、フォントごとに一時的なフォントが作成されないようにすることができます。一時的なフォントを作成しないように選択した場合、テキストエディタは既定のTrueTypeフォントを使用して文字を表示します。