MicroStation CONNECT Edition Help

デザイン平面軸をクイック回転させるには

  1. アキュドローの動的表示がアクティブな状態で、<R><Q>キーを押します。

    デザイン平面インジケータは基準点がロックされ、X軸が画面ポインタの移動にしたがって自由に回ります。

  2. データ点を入力し、回転を指定して承認します。

    前に選択されたツールの使用を続行します。

デザイン平面の軸が動的に回転します。

たとえば、「線分を配置」ツールを使って下書きを開始する場合に、デザイン平面軸を新規線分に合わせる場合を考えます。デザイン平面の基準点(線分の最初のデータ点)を設けた後、<R><Q>キーを押すと、デザイン平面軸を対話的に回転できます。



デザイン平面の軸の動的な回転と線分の配置

ショートカットキー入力コマンドを使用して、<R><Z>キー(3次元の場合は、これに加えて<R><X>キーと<R><Y>キー)によりデザイン平面の座標系を各軸を基準に90°回転させるか、<T>キー(および3次元の場合は<F>キーと<S>キー)でデザイン平面の軸、<V>キーでビューの軸、<R><C>キーで補助座標系の軸と位置合わせすることができます。

注記: 3次元で作業する場合、アキュドローの軸の回転はデザイン処理において大変重要な役割を果たします。