MicroStation CONNECT Edition Help

ビュー座標

3次元で作業している場合には、すべてのビューで少なくとも2つの座標系(DGNファイル座標系とビュー座標系)を使用します。この2つの座標系が厳密に対応しているのは、「上面」ビューの場合だけです。現実にビューを回転させる場合には、モデルを異なる方向から見るためにビューの"カメラ"の位置を変えます。したがって、ビューを回転させると、DGNファイルの軸も同時に回転します。一方、各ビューの座標軸はビュー(すなわち画面)に対して相対的であり、次のことが必ず当てはまります。

  • X軸は水平で、左から右が正方向です。
  • Y軸は垂直で、下から上が正方向です。
  • Z軸はビュー(画面)に対して垂直であり、奥から手前が正方向です。

したがって、DGNファイル座標に相対的に要素を配置するか、またはビュー座標に相対的に配置することができます。これはアキュドローを使用すると理解しやすくなります。アキュドローのコンパスによって、作業中のデザイン平面が視覚的に示されるからです。