MicroStation CONNECT Edition Help

詳細吹き出しのカスタマイズされた図面シード

詳細吹き出し図面シートを作成するとき、2次元詳細吹き出し図面シードを作成するか、3次元詳細吹き出し図面シードを作成するかを選択できます。2次元詳細吹き出し図面シードでは、2次元詳細ビューが作成され、親シートモデルに保存されます。一方、3次元詳細吹き出し図面シードでは、3次元詳細ビューが作成され、デザインモデルに保存されます。

DGNLibファイルで作業している場合、「詳細吹き出しを配置」ツール設定ウィンドウに「3次元詳細」チェックボックスが表示されます。このチェックボックスをオンにすると、3次元詳細吹き出し図面シードが作成され、オフにすると2次元詳細吹き出し図面シードが作成されます。

2次元詳細吹き出し図面シード

2次元詳細吹き出し図面シードは、2次元詳細ビューを作成し、それを親シートモデルに保存します。下の図は、2次元詳細ビューの作業フローを示します。

2次元詳細ビューを使用する利点は、図面注釈とシートモデル注釈を表示できることです。2次元詳細ビューは親シートモデルに保存されるため、詳細図面モデル内でそれを参照する場合、図面注釈とシートモデル注釈を表示できます。

2次元詳細ビューには、吹き出しがモデルを切り取る高さや範囲は保存されません。したがって、2次元詳細吹き出し図面シードを使用して詳細吹き出しを配置する際、「高さ」ドロップダウンオプションは薄灰色表示となり、使用できません。

2次元詳細ビューに対するマーカーは、図面およびシートモデル内でのみ表示されます。また、2次元詳細ビューのミニツールバーにある「吹き出しを表示」オプションには、「交差する吹き出し」オプションや「すべての吹き出し」オプションは表示されません。

2次元詳細ビューマーカーからデザインモデルを開く場合、詳細ビューは切り取りなしでデザインモデルに適用されます。

デザインモデルで作業している場合、「図面シード」ドロップダウンリストに2次元詳細吹き出し図面シードは表示されません。

3次元詳細吹き出し図面シード

3次元詳細吹き出し図面シードは、3次元詳細ビューを作成し、それをデザインモデルに保存します。下の図は、3次元詳細ビューの作業フローを示します。

3次元詳細ビューはデザインモデルに保存されるため、詳細図面モデル内でそれを参照する場合、図面注釈とシートモデル注釈を表示することはできません。