MicroStation CONNECT Edition Help

パターン領域の内側をパターニングから除外

多角形、円、または楕円を作成してパターニングする領域を定義する場合、要素内の特定の領域でパターニングが行われないようにすることができます。これを行うには、外側の要素内に別の多角形、円、または楕円を配置します。また、パターン付き領域内の文字を囲んでいる領域をパターニングから除外することができます。パターニングを行う領域やパターニングから除外する領域を定義する方法はいくつかあります。

要素を「ソリッド」または「ホール」として設定

多角形、円、または楕円を作成する場合、その領域を「ホール」または「ソリッド」として設定することができます。この指定は、要素のハッチングまたはパターニングに作用します。通常、"ホール"要素によって囲まれた領域、「ソリッド」要素内に配置された領域、および「ソリッド」要素と同じ層に配置された領域はパターニングされません。次の表にこれをまとめます。

パターンを解除 要素の内側のホール要素
オン パターニングされません。
オフ 「ホールをグループ化」 ツールによってソリッド要素とグループ化されている場合 - パターニングされません。

ソリッド要素とグループ化されていない場合 - ホール要素は無視され、選択されたソリッド要素が"ホール"のない状態でパターニングされます。

ツール設定値の使用

「ハッチング:要素内」ツール、「クロスハッチ:要素内」ツール、および「領域をパターン」ツールのツール設定値を使用すると、閉じた要素内の領域をパターニングから除外できます。それぞれのツールの「方法」で次のように設定します。

  • 領域の積 - 2つ以上の選択された要素が交差する領域がパターニングされます。
  • 領域の差 - 他方の要素を取り去ってパターニングするメイン要素を指定します。
  • 1点で指定 - 境界要素の内部がパターニングされます。さらに、内部の図形や文字がパターニングされないように指定したり、図形がネストしている場合の代替領域がパターニングされるように指定することができます。

「代替領域」を使用してパターニングからネスト領域を除外

領域がネストしている場合、「1点で指定」で「内部の多角形を指定」と「代替領域」の両方をオンにすることで、1回の操作で領域を互い違いにパターニングすることができます。下の例では、1回の操作でハッチングを行っています。



「代替領域」と「内部の多角形を指定」を組み合わせることで、ネスト領域内の1点を指定してハッチングやパターニングを行い、1回の操作で右側の結果を生成することができます。

除外された領域の操作または修正

「パターンを解除」をオフにした状態で領域をパターニングした場合、領域を定義している要素を操作または変更すると、その変更に合わせてパターンも更新されます。



「パターンを解除」をオフにした状態でハッチングまたはパターニングされた多角形または除外領域(左)を操作または変更すると、パターンも更新されます(右)。