MicroStation CONNECT Edition Help

画層構成変数

MicroStationには、画層システムのすべての要素を設定できるように各種の構成変数が用意されています。

次の表に、画層に関連する構成変数を示します。各構成変数は有効な値です。値が有効な場合、設定は上書きされません。構成変数の変更を有効にするために、終了して再起動する必要はありません。

変数 Short name 説明
MS_LEVEL_DISPLAY_FORMAT Level Display Format 画層の一覧を表示するときに画層名に使用される書式設定(PDFプロットなど)を指定します。Nの場合(既定)は、画層名が使用されます。Dの場合は、画層の説明が使用され、Cの場合は、画層コードが使用されます。複数の値を指定することができます
MS_LEVEL_EDIT_NESTED_ATTACHMENT_LEVELS Edit Nested Attachment Levels 設定した場合は、ネストした参照ファイル内の画層の属性を編集することができます。
MS_LEVEL_ALLOW_LIBRARY_LEVEL_EDIT Edit Unused Library Levels マスターファイルで使用されていないライブラリ画層を編集することができます。設定しなかった場合は、ライブラリ画層が使用されているときにだけ編集することができます。設定される場合、マスターファイルにコピーされていないライブラリ画層を編集できます。編集時に、ライブラリ画層はマスターファイルにコピーされます。
MS_LEVEL_LOAD_ATTACHMENT_FILTERS Load Attachment Level Filters 定義された場合、参照ファイルの画層フィルタがロードされます。
MS_LEVEL_EDIT_ATTRIBUTE_LIST Control Level Attributes Edit 編集または上書きが可能な画層属性を制御します(画層ライブラリ全体に対するオペレーティングシステム特権は使用しません)。編集する属性は、次の属性の1つまたは複数をカンマ区切りのリストとして指定することができます。Override Symbology (OverrideColor、OverrideStyle、OverrideWeight、OverrideMaterial)、ByLevel Symbology (ByLevelColor、 ByLevelStyle、ByLevelWeight、ByLevelMaterial)、GlobalDisplay、GlobalFreeze、DisplayPriority、Transparency、Lock、およびPlot。属性には、"Library"または"Reference"の前記号を付加することができます。前記号を付加しなかった場合、属性は、参照画層とライブラリ画層の両方に対して編集可能になります。
MS_LEVEL_SYNC_ATTRIBUTE_LIST Control Level Attributes Synch DGNLIB UPDATE LEVELS CUSTOMREFERENCE SYNCHRONIZE LEVELS CUSTOMのキー入力コマンドに影響を与えます。この変数は、上述のキー入力コマンドが実行されたときに同期する画層属性の一覧を制御します。次の属性のうちいずれかまたは複数を、カンマ区切りの一覧で指定します。OverrideSymbology、OverrideColor、OverrideStyle、OverrideWeight、OverrideMaterial、ByLevelSymbology、ByLevelColor、ByLevelStyle、ByLevelWeight、ByLevelMaterial、GlobalDisplay、GlobalFreeze、DisplayPriority、Transparency、Lock、およびPlot。属性には、"Library"または"Reference"の前記号を付加することができます。前記号を付加しなかった場合、属性は、参照画層とライブラリ画層の両方に対して編集可能になります。
MS_LEVEL_SYNCH_BYLEVEL Synch Symbology to ByLevel on Level Change オンにすると、別のモデルまたはビューグループを開いたとき、アクティブな色、線種、および線幅がByLevelに設定されます。
別のモデルまたはビューグループを開いたと見なされるのは、以下の場合が含まれます。
  • 別のファイルを開く
  • 「モデル」ダイアログボックスを開き、別のモデルをダブルクリックする
  • 参照を交換する
  • 「ビューグループ」ウィンドウから別のビューグループを選択する
  • 「ビューグループ」ウィンドウで「前のモデル」または「次のモデル」アイコンをクリックする
MS_LEVEL_AUTO_SYNC_ATTRIBUTE_LIST Level Attribute Auto Synch. この変数は、ファイルが開かれたときに自動的に同期する画層属性の一覧を制御します。次の属性のうちいずれかまたは複数を、カンマ区切りの一覧で指定します。OverrideSymbology、OverrideColor、OverrideStyle、OverrideWeight、OverrideMaterial、ByLevelSymbology、ByLevelColor、ByLevelStyle、ByLevelWeight、ByLevelMaterial、GlobalDisplay、GlobalFreeze、DisplayPriority、Transparency、Lock、およびPlot。これらの属性には、"Reference"または"Library"の前記号を付加することができます。前記号が付加されなかった場合は、参照画層とライブラリ画層の両方が同期することになります。
MS_LEVEL_DO_NOT_OVERRIDE_DESIGN_LEVELS_IN_SHEET Level Property Overrides in Sheet and Drawing Models シートおよび図面モデルで、デザインモデルの画層のプロパティの上書きを制御します。1に設定した場合、シートまたは図面モデルでデザインモデルおよびその参照ファイルの画層のプロパティを上書きできません。デザインモデルを直接開いたときと同じになります。
MS_LEVEL_SEED_LEVEL_NAME Seed Level Name シード画層の名前に設定することができます。この画層は、マスターファイルまたはDGNLibファイル内の画層です。この変数が設定されていない場合は、既定の画層がシード画層になります。新しい画層が作成されると、シード画層の属性が継承されます。
MS_LEVEL_CREATE_FROM_SEED_ATTRIBUTE_LIST Seed Level Attributes to use 新しい画層にコピーするシード画層の一連の属性を制御します。属性は、次の属性の1つまたは複数をカンマ区切りのリストとして指定することができます。OverrideSymbology、OverrideColor、OverrideStyle、OverrideWeight、OverrideMaterial、ByLevelSymbology、ByLevelColor、ByLevelStyle、ByLevelWeight、ByLevelMaterial、GlobalDisplay、GlobalFreeze、DisplayPriority、Transparency、Lock、およびPlot。
MS_UPDATE_KEEP_UNUSED_LIBRARY_LEVELS Keep Unused Library Levels 設定しなかったや0に設定した場合は、DGNLIB UPDATE LEVELSキー入力コマンドが実行されたときに未使用のライブラリ画層が削除されます。1に設定した場合は、DGNLIB UPDATE LEVELSキー入力コマンドが実行されても未使用のライブラリ画層は削除されません。2に設定した場合は、DGNLIB UPDATE LEVELSキー入力コマンドが実行されると、開いているDGNファイルと同期していない未使用のライブラリ画層のみが削除されます。
MS_LEVEL_PICKER_WIDTH Attributes Level Picker Width 「属性」ツールボックスのレベル選択の幅をピクセル単位で設定します。
MS_REF_REATTACH_LEVEL_SYNC_ATTRIBUTE_LIST Ref. Reattach Level Attributes 参照が再アタッチされたときに同期する画層属性の一覧を指定します。次の属性のうちいずれかまたは複数を、カンマ区切りの一覧で指定します。OverrideSymbology、OverrideColor、OverrideStyle、OverrideWeight、ByLevelSymbology、ByLevelColor、ByLevelStyle、ByLevelWeight、GlobalDisplay、GlobalFreeze、DisplayPriority、Transparency、およびPlot。
MS_LEVEL_LIB_DIR Level Library Path CSV、DGN、またはDGNLibファイルに対して画層をエクスポートまたはインポートするときに検索する既定のディレクトリを定義します。
MS_V7TOV8_CSVNAME V7 to V8 Level CSV File V7デザインファイルをV8 DGNファイルにアップグレードするときに、画層のマップ方法を制御する.csvファイルを定義します。
MS_V7_LEVEL_NAME_PREFIX V7 to V8 Level Name Prefix V7デザインファイルをV8 DGNファイルにアップグレードするときに、名前のない画層に適用する前記号を定義します。
MS_V7TOV8_DELETE_UNUSED_LEVELS V7 to V8 Delete Unused Levels 1に設定した場合は、V7デザインファイルをV8 DGNファイルにアップグレードするときに、未使用の画層がすべて削除されます。この変数は、V7 to V8画層CSVファイル変数が設定されている場合は無視されます。