MicroStation CONNECT Edition Help

レンダリング設定

レンダリングは、特に複雑なモデルの場合、時間がかかることがあります。レンダリング時間に大きな影響があるレンダリング設定はさまざまです。最初の作業画像の場合、画像を速く作成するために粗い設定を使用できます。ただし、最終的な画像には画質を改善するために設定を調整し直す必要があります。「レンダリング設定マネージャ」ダイアログボックスでレンダリング設定を作成することで、この手順を効率的に進めることができます。「レンダリング設定」は、すべてのレンダリングツールおよびダイアログボックスから選択できます。

「レンダリング設定マネージャ」ダイアログボックスを使用すると、レンダリング設定を作成してデザインファイルに保存できます。次のようにさまざまなレンダリング状況に合わせて複数の設定を作成できます。

  • 作業用の設定 - 粗い設定。光源と材質の配置を確認するために最初のレンダリングを作成するときに有効です。
  • チェック用の設定 - 最終的な確認のために、完成品質の画像に近い、より細かな設定。
  • 最終的な設定 - 最終的な高品質でフォトリアリスティックなレンダリング画像を作成するためにすべての項目を選択した設定。

現在の要件に関連する設定をロードするには、オプションメニューから適切な設定名を選択します。

設定ファイルは他のDGNファイルからインポートできるため、初期設定は一度だけで済みます。

現在のdgnファイルに使用できるレンダリング設定と環境設定は、「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブ内のサブノードである「レンダリング設定」「環境設定」にもあります。設定値を修正および編集するには、そのレンダリング設定または環境設定の「リセット」ポップアップメニューから「プロパティ」を選択します。