MicroStation CONNECT Edition Help

「マップエディタ」ダイアログの「単位」と「マッピング」セクション

マップがレンダリングされた画像内の曲線に適用される方法を定義することができるコントロールを含んでいます。



設定説明
単位 マッピングの単位を設定します。
  • マスター - 画像を実世界の単位で定義した、モデルの主単位でのサイズにマップします。
  • サーフェス - (「マッピング」が「パラメトリック」に設定されている場合のみ)割り当てられたサーフェスにフィットするように画像を引き伸ばします。
  • メートル
  • ミリメートル
  • フィート
  • インチ
「マップを動的に調整」アイコン


材質にすでに画層/色が割り当てられている場合にのみ使用できます。マップの位置を対話的に調整できる「マップを動的に調整」ツールをアクティブにします。
サイズX、Y、Z X軸、Y軸、および(3次元プロシージャルテクスチャの場合は)Z軸のマップのサイズを設定します。要素上のマップを繰り返すまたは分割するために使用されます。

ロックを有効にすると、X、Y、Z設定値に変更があった場合に、他の設定値も自動的に変更され、プロシージャルテクスチャまたは元の画像のアスペクト比が維持されます。

オフセットX、Y、Z X軸、Y軸、および(3次元プロシージャルテクスチャの場合は)Z軸からのマップのオフセットを設定します。
回転 選択したマップがモデル内の要素に適用されるときに、どの程度回転されるかを指定します。使用例としては、木目のパネルやタイルなどが挙げられます。
反転(X、Y) オンの場合、マップ画像の向きをX軸またはY軸の周りに反転します。
鏡映(X、Y) オンの場合、マップ画像の繰り返しまたは分割が、X軸またはY軸に沿った隣接タイルの鏡映反射になります。
繰返し(X、Y) オンの場合、要素がマップより大きければ、選択された軸に沿ってマップが分割または繰り返されます。
透明な背景 (パターンマップの場合のみ)オンの場合に、パターンマップの背景が透明になります。背景は、画像の左上角にあるピクセルと同じ色の全ピクセルとして定義されます。
バンプを反転 (バンプマップの場合のみ)オンの場合に、バンプマップが反転します。つまり、"丘"(バンプ)が"谷"になり、「谷」が「丘」になります。
セルの色を使用 (図マップの場合のみ)オンの場合、セル要素の色で図マップが表示されます。キャッシュ外形線表示モードの場合でも適用されます。オフの場合、「表示スタイル」ダイアログボックスの「材質から色を使用」チェックボックスがオンになっていると、材質の色で図マップが表示されます。それ以外の場合は、基本の要素の色で表示されます。
ガンマ 材質の作成に使用された各テクスチャにガンマを設定することができます。レンダリングに使用される既定ガンマは1.7です。テクスチャのガンマを下げると、テクスチャが過度に明るく表示されて、コントラストが欠けるのを防ぐことができます。
アンチエイリアス オンの場合、選択された画像画層のアンチエイリアス機能をオンにし、テクスチャフィルタリングを行い、よりスムーズなレンダリング結果を作成します。アンチエイリアスは、テクスチャスペース(画面またはレンダリングスペースとは異なる)の画像のピクセルを抽出し、強度に基づいて平均化します。
テクスチャフィルタリング テクスチャフィルタリングは、材質ごとに制御されるようになりました。テクスチャフィルタリングには次のフィルタオプションがあります。
  • 間近 - 画像のフィルタリングを無効にし、画像の実際のピクセルを抽出します。
  • 双一次 - 隣接するピクセルを垂直および水平に抽出し、スムーズ(ぼやけた)結果を作成します。
  • 双三次 - 隣接するすべてのピクセルを抽出し、最もスムーズな結果を作成します。


左: テクスチャアンチエイリアスはなく、フィルタは「間近」に設定されています。表示ノイズが後の壁付近にあります。中心:テクスチャアンチエイリアスフィルタは「双三次」に設定され、よりスムーズな結果が設定されます。右: テクスチャアンチエイリアスが有効で、フィルタは「双三次」に設定されています。アンチエイリアスは2000に設定されています。

低値 (置換マップのみ)画像のトーンの範囲を再マップできます。

たとえば、置換マップとして画像を使用している場合、最も暗いピクセルをサーフェスに入れし、最も明るいピクセルを外したい場合があります。既定では、画像のピクセルの範囲は0~100%で、ピクセルを内部にプッシュする値を生成するピクセルはありません。値の範囲を-100%~+100%に設定すると、画像が効果的に再マップされ、黒いピクセルが負の置換を作成し、白いピクセルが正の置換を作成します。中間のトーンが"ニュートラル"になります。

低値は、実際の値が0, 0, 0 (RGB)となるピクセルの効果的な値を決定します。

高値 (置換マップのみ)画像のトーンの範囲を再マップできます。高値は、実際の値が255, 255, 255 (RGB)となるピクセルの効果的な値を決定します。「低値」を参照してください。
オブジェクトに相対する基準点 (3次元プロシージャルテクスチャの場合のみ)オフの場合、テクスチャは空間での位置のみを使用して各ピクセルに適用されます。オンの場合、個別のオブジェクトの基準点、または複数の要素がグループされているセルの基準点に対して相対的に位置を計算します。
注記: プロシージャルにマップしたオブジェクトをアニメーション化する場合、この設定をオンにすると、オブジェクトがテクスチャを"スライド"して抜け、各枠に異なるマッピングを生成する現象を避けることができます。
マッピング マップモードを設定します。
  • パラメトリック - 画像ファイルを、原点に相対的に要素にマッピングします。したがって、材質が割り当てられている要素を回転する場合、マップは要素とともに回転します。
  • 平面要素 - DGNファイルの水辺面(x、y)によってマップの水平軸を合わせます。その結果、選択した曲面の傾斜に一致するように画像が傾きます。このモードは、スマートソリッドにアタッチされている材質に有用です。
  • 上から投影 - ビューに含まれているすべての要素に画像ファイルを"投影"します。(スキャンした)航空写真を3次元のデジタル地形モデルにマッピングするときに役に立ちます。
  • 方向の投影 - マッピングが、向きの設定で指定された方向に対して適用されます。
  • 立方体 - 6面の立方体をマップ図形として使用します。
  • 球形 - 環境を無限の距離がある球形の壁と見なすことで、反射面を近似します。
  • 円柱 - 円柱の外側に沿ってマップを折り返します。
  • ソリッド - (3次元のプロシージャルテクスチャのみ)2次元の画像ベースのテクスチャとは異なり、ソリッドマッピングは、プロシージャル材質とともに使用され、3次元のテクスチャ空間でのみ機能します。
向き (「マッピング」が「方向の投影」に設定されている場合のみ)方向の投影の向きを設定します。次のオプションがあります。「上面」、「前面」、「右」、「下面」、「後面」、「左」、「カスタム」。
ベクトルX、Y、Z (マッピングが「方向の投影」に設定され、向きが「カスタム」に設定されている場合のみ)X、Y、Z軸で投影の向きを設定します。
「投影方向を点で定義」アイコン


2つのデータ点を入力して、方向の投影ベクトルを設定できます。
方位角 (「マッピング」が「方向の投影」に設定されている場合のみ)方向の投影の方位角を設定します。方位角の値はキー入力できます。または、下の設定値ウィンドウで目的の方向にあるコンパスをクリックするか、インジケータを必要に応じてクリックしてドラッグすることで、方向を対話的に設定できます。
仰角 (「マッピング」が「方向の投影」に設定されている場合のみ)方向の投影の角度を設定します。高度の値はキー入力できます。または、下の設定値ウィンドウでインジケータをクリックして目的の高度設定値までドラッグすることで、高度を対話的に設定できます。
キャップ付き (「マッピング」が「円筒形」に設定されている場合のみ)オンの場合、円筒形にキャップが付けられます。