MicroStation CONNECT Edition Help

「ビュー」タブ

注記: 目的の「ビュー」グループに"ジャンプ"するリンクを選択します。

表示方法

  • ビュー属性
  • 特定のタイプおよびクラスの要素の表示の有無と表示方法、および特定の作図補助ツールの表示の有無を制御するビュー属性を設定するために使用します。
 

ツール

  • ウィンドウ領域
  • ビュー内に表示する、アクティブなモデルの長方形の領域の境界線を定義するために使用します。
  • ズームアウト
  • ビューの拡大率を下げて、要素が小さく表示されるようにします。
  • ビューを最大化
  • モデル全体がビューに表示されるようにビューの拡大率を調整します。
  • ズームイン
  • ビューウィンドウの拡大率を上げて、要素が大きく表示されるようにします。
  • ビューのパンニング
  • ビューの倍率を変えずに、デザインの別の部分を表示するために使用します。
  • 表示セット設定
  • 選択された要素を表示し、ビュー内の他のすべての要素を非表示にします。
  • 表示セット追加
  • 選択された要素を表示セットに追加します。
  • 表示セット削除
  • 選択された要素を表示セットから削除します。
  • 表示セットクリア
  • 表示セットをクリアして、ビューにすべての要素を表示します。
  • ビューを左側面に変更
  • アクティブなビューを左側面ビューに変更します。
  • 前のビュー
  • 最後のビュー操作(ビュー制御操作またはビューの属性の変更)を元に戻します。
  • ビューを上面に変更
  • アクティブなビューを上面ビューに変更します。
  • ビューを正面に変更
  • アクティブなビューを正面ビューに変更します。
  • ビューを後面に変更
  • アクティブなビューを後面ビューに変更します。
  • アイソメ
  • アクティブなビューをアイソメ図ビューに変更します。
  • 右アイソメ
  • アクティブなビューを右アイソメビューに変更します。
  • 下面
  • アクティブなビューを下面ビューに変更します。
  • ウォーク
  • ビルディングやプラントなどの3次元ビューを対話的に"ウォーク"するために使用します。
  • フライ
  • 3次元モデルを対話的に"フライ"するために使用します。
  • ビューを移動
  • ビュー内のビューカメラを対話的に移動するために使用します。
  • ビューを右側面に変更
  • アクティブなビューを右側面ビューに変更します。
  • 次のビュー
  • 最後に取り消されたビュー操作をやり直します。
  • プレゼンテーションのイラストレーション
  • 表示スタイルを「イラストレーション: モデリング」に設定します。
  • プレゼンテーションのシェーディング
  • 表示スタイルを「スムーズ: モデリング」に設定します。
  • プレゼンテーションのワイヤフレーム
  • 表示スタイルを「ワイヤフレーム」に設定します。
 

カメラ

  • 通常のカメラ
  • 通常のカメラレンズに合うようにビュー内の眺望を設定します。
  • 超広角カメラ
  • 超広角カメラレンズに合うようにビュー内の眺望を設定します。
  • 望遠カメラ
  • 望遠カメラレンズに合うようにビュー内の眺望を設定します。
  • 2点投影
  • (既定では非表示)2点投影にビュー内の眺望を設定します。
  • カメラオフ
  • ビューカメラをオフにします。
  • カメラを配置
  • データ点を入力して、最初にカメラの位置、続いて被写体の位置を定義することによって、3点投影モードでビューカメラを設定するために使用します。
  • カメラ定義
  • レンダリング用にビューを設定するときや保存ビューを作成するために使用します。
  • カメラレンズ
  • 選択したビューでカメラレンズを設定するために使用します。
  • 焦点距離
  • カメラの焦点距離(視点から画像平面の距離)を設定するために使用します。
  • フォトマッチ
  • 3次元空間の既知の点を写真上の対応する点に一致させて、カメラの位置、レンズの角度、被写体の位置を特定します。
 

名前付き境界

  • 名前付き境界を配置
  • 1つ以上の名前付き境界を配置し、必要に応じて保存ビューを作成してダイナミックビューを自動化するために使用します。
  • 名前付き境界
  • 名前付き境界と名前付き境界グループの管理に使用します。
 

切り取り

  • 切り取り領域
  • ビューの表示領域を切り取り要素内の領域に制限するために使用します。この機能により、操作対象領域外のジオメトリに煩わされることなく、ある限られた範囲のモデルを操作することができます。
  • 切り取りマスク
  • 切り取り要素の範囲内にあるビューで、要素の表示をマスクするために使用します。
  • 切り取り領域を表示
  • ビューの切り取り領域で、要素の表示/非表示を切り替えるために使用します。
 

保存ビュー

  • 保存ビューの適用
  • 保存ビューを、選択したビューまたは開いているすべてのビューに適用するときに使用します。
  • 保存ビュー
  • 保存ビューの作成、更新、適用、インポート、削除、および保存ビューのプロパティの編集に使用します。ビューを保存しておけば、特定の属性を持つビューをすぐに適用できます。
 

ウィンドウ

  • ビューをコピー
  • ビュー全体の内容および対応する属性を他のビューにコピーするために使用します。
  • ずらし重ね
  • ビューウィンドウを番号順に重ねて表示します。最小番号のウィンドウは全体表示され、残りのウィンドウはタイトルバーが表示されます。
  • 分割
  • すべての収納されたウィンドウと、MicroStationウィンドウの端近くにあるダイアログボックス間のビューウィンドウを分割します。
  • 並べ替え
  • 全ビューウィンドウのサイズを変更して、使用可能なスペースに重ならずに表示されるようにします。
 

ビューグループ

  • 左矢印をクリックすると、セッション履歴中の前のモデルにアクセスできます。または、下矢印をクリックして、ドロップダウンリストから前にアクセスしたモデルを選択することもできます。
  • 右矢印をクリックすると、セッション履歴中の次のモデルにアクセスできます。または、下矢印をクリックして、ドロップダウンリストから次のモデルを選択することもできます。
  • すべて参照されました
  • 下矢印をクリックすると、アクセスしたすべてのモデルがドロップダウンリストに表示されます。ここから開くモデルを選択できます。
  • ビューのオン/オフ
  • 番号の付いたボタンをクリックして、それぞれのビューウィンドウを開いたり閉じたりすることができます(「ビューグループ」リボングループで番号の付いたアイテムを選択することと同じです)。
  • ビューグループ
  • ビューグループの名前とそれに関連付けられているモデルが表示され、別のビューグループを選択することができます。