MicroStation CONNECT Edition Help

DGNワークセット(DGNWS)ファイルの場所の変更

既定では、DGNワークセットファイル(.dgnws)は、ワークセットのルートフォルダに保存されます。このファイルを別の場所に移動する場合は、デザインデータ(DGN)と構成データの場所を分けるために、_USTN_WORKSETSDGNWSROOT構成変数を使用できます。この構成変数は、作業環境内のすべてのワークセットのDGNWSファイルの場所を定義します。この構成変数は、作業環境の.cfgファイルで定義する必要があります。

作業環境の.cfgで_USTN_WORKSETSDGNWSROOTに次の値を定義することで、作業環境ごとに.dgnwsファイルをワークセットフォルダ内や共通の場所に保存できます。
説明

$(_USTN_WORKSETSROOT)/

すべてのワークセットの.dgnwsが_USTN_WORKSETSROOTフォルダに作成されます。

$(_USTN_WORKSETSROOT)/CommonDGNWS/

すべてのワークセットの.dgnwsがCommonDGNWSフォルダに作成されます。

$(_USTN_WORKSETSROOT)$(_USTN_WORKSETNAME)/

すべてのワークセットの.dgnwsがそれぞれのワークセットフォルダに作成されます。

作業環境の.cfgで_USTN_WORKSETSDGNWSROOT = $(_USTN_WORKSETSROOT)/と定義すると、すべてのワークセットの.dgnwsが_USTN_WORKSETSROOTフォルダに作成されます。

ワークセットのルートフォルダ
  • ワークセット1の.cfg
  • ワークセット1の.dgnws
  • ワークセット2の.cfg
  • ワークセット2の.dgnws
  • ワークセット3の.cfg
  • ワークセット3の.dgnws
  • ワークセット1
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット2
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット3
    • DGN
    • 設定

作業環境の.cfgで_USTN_WORKSETSDGNWSROOT = $(_USTN_WORKSETSROOT)/CommonDGNWS/と定義すると、すべてのワークセットの.dgnwsがCommonDGNWSフォルダに作成されます。

ワークセットのルートフォルダ
  • ワークセット1の.cfg
  • ワークセット2の.cfg
  • ワークセット3の.cfg
  • CommonDGNWS
    • ワークセット1の.dgnws
    • ワークセット2の.dgnws
    • ワークセット3の.dgnws
  • ワークセット1
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット2
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット3
    • DGN
    • 設定

作業環境の.cfgで_USTN_WORKSETSDGNWSROOT = $(_USTN_WORKSETSROOT)/と定義すると、すべてのワークセットの.dgnwsがそれぞれのワークセットフォルダに作成されます。

ワークセットのルートフォルダ
  • ワークセット1の.cfg
  • ワークセット2の.cfg
  • ワークセット3の.cfg
  • ワークセット1
    • ワークセット1の.dgnws
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット2
    • ワークセット2の.dgnws
    • DGN
    • 設定
  • ワークセット3
    • ワークセット3の.dgnws
    • DGN
    • 設定