MicroStation CONNECT Edition Help

参照のアタッチ

MicroStation の参照ツールを使用すると、現実の世界でオーバーレイを使用するように、アクティブなモデルで操作しているときにその他のモデルを表示することができます。オーバーレイがある場合は、一番上のオーバーレイに対して操作を実行します。このとき、下にあるオーバーレイの情報を参照することができます。

モデルの参照は、開いているDGNモデル、または別のユーザーが開いている可能性のある他のDGNファイルに対して行うことができます。同様に、現在操作しているモデルが、他のユーザーによって参照されていることも考えられます。参照は、さまざまな分野を扱うオフィスでは強力なツールです。特に、1つのプロジェクトに対してさまざまな側面を扱う場合に威力を発揮します。

注記: 作業単位が米国調査フィートに設定されている参照を、作業単位がフィート(国際フィート)に設定されているモデルにアタッチする(逆も同様)と、警告ウィンドウが開きます。警告ウィンドウには、アクティブなモデルと参照モデルの作業単位が異なる(米国調査フィートと国際フィート)というメッセージが表示されます。2つの単位はほぼ同一であるため、混在させると微妙な問題が発生する場合があります(1マイルを超えるデザインプロジェクトなどが特に該当)。この参照をアタッチする場合は、「OK」をクリックします。アタッチしない場合は、「キャンセル」をクリックします。この警告ウィンドウを無効にするには、MS_REF_NOSURVEYFOOTCHECK構成変数を1に設定します。