MicroStation CONNECT Edition Help

ラスター参照を対話的にアタッチするには

  1. 次の1つを行います。

    ラスターマネージャの「ファイル」メニューから「アタッチ」 > 「ラスター」の順に選択します。

    または

    「アタッチ」タブの「ラスター」グループで、「参照をアタッチ」ツールを選択します。

    または

    「ラスターマネージャ」ダイアログボックスで、「アタッチ」アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューで「ラスター」を選択します。

    「ラスター参照をアタッチ」ダイアログボックスが開きます。

  2. 「ラスター参照をアタッチ」ダイアログボックスのコントロールを使用して、ラスター画像ファイルを選択します。
  3. (オプション) アタッチされているファイルをプレビューするには、「ラスターのプレビュー」チェックボックスをオンにします。
  4. 「対話的に配置」チェックボックスをオンにします。
    注記: 「対話的に配置」をオンして画像をアタッチした場合、回転とアフィン角の値は適用されません。
  5. 「設定ダイアログを開く」チェックボックスをオンにします。
  6. (オプション) 「読み取り専用として開く」チェックボックスをオンにします。
  7. 「開く」をクリックします。

    「ラスター参照ファイルオプション」ダイアログボックスが開きます。

  8. 必要に応じて設定値を変更して「アタッチ」をクリックします。
  9. 「ラスターをアタッチ」ダイアログで、目的の方法を選択します。
  10. 次の1つを行います。

    「長方形」方法を選択した場合は、次の操作を行います。指定したビューにデータ点を配置して、画像の基準点を定義します。2番目のデータ点を入力して、画像の対角点を定義します。

    または

    「方向性長方形」方法を選択した場合は、次の操作を行います。指定したビューにデータ点を配置して、画像の基準点を定義します。2番目のデータ点を入力して、画像の方向を定義します。3番目の点を入力して、画像の対角点を定義します。

  11. リセットして終了します。