MicroStation CONNECT Edition Help

テンプレートに基づく要素の更新

要素は、要素テンプレートと関連付け("ロック")することができます。要素をテンプレートと関連付けると、要素のプロパティは、テンプレートに指定されているプロパティに合わせて設定されます。そのテンプレートに関連付けされているすべての要素を更新すると、テンプレートのプロパティが変更されることがあります。関連付けられている要素が更新されるケースはいくつか考えられますが、その方法は、関連付けられているテンプレートが開いているDGNファイルに格納されたものであるか、DGNライブラリから利用したものであるかによって異なります。

  • テンプレートが開いているDGNファイルに格納されたものである場合、テンプレートのプロパティが修正されたときに、関連付けられている要素が自動的に再記号化されます。「要素テンプレート」ダイアログボックスでテンプレートを変更すると、開いているDGNファイルに格納されている要素の中で、そのテンプレートに関連付けされている要素が直ちに更新されます。
  • テンプレートがDGNライブラリからコピーしたものである場合は、「要素テンプレート」ダイアログボックスの「ユーティリティ」メニューにあるメニュー項目を使用して、関連付けられているすべての要素を更新できます。
  • DGNライブラリからコピーしたテンプレートである場合は、「標準チェッカー」を使用して、関連付けられた要素のチェックや更新を行うことができます。

要素を配置するときにテンプレートを使用し、配置した要素の線属性を手動で変更したためにローカルテンプレートとの間に差異が生じた場合は、対象のテンプレートと一致するように要素を更新できます。「要素テンプレート」ダイアログボックスの「ユーティリティ」メニューにあるメニュー項目を使用すると、ローカルテンプレートに関連付けられている指定の要素だけを更新できます。更新が行われたときに、テンプレートに関連付けられていない要素が選択されている場合は、その線属性は変更されません。

次に、開いているDGNファイルに作成されたテンプレートを更新し、関連付けられている要素を自動的に再記号化して、変更されたDGNライブラリテンプレートに関連付けられているすべての要素の更新を行い、さらにローカルテンプレートに関連付けられている指定の要素を更新する手順について説明します。