MicroStation CONNECT Edition Help

斜軸メルカトル図法とバリエーション

斜軸メルカトル図法は、ホーチン斜軸メルカトル図法とも呼ばれます。これは正角図法です。経線に対して斜めに広がる地域に適しています。アラスカ突出地域(ゾーン1)の方眼地図を作成したり、スイス、マダガスカル、ボルネオのように遠隔地域を含む国々を1つの地図にまとめる場合に一般に使用されます。



ほとんどの経線とすべての緯線は複合曲線になります。ただし、180度離れた2本の経線は直線になります。

MicroStationは、さまざまなバリエーションをサポートしています。

  • 斜軸メルカトル図法(1点) - 単一点と方位角を使用して定義されたホーチン斜軸メルカトル図法の修正版。現在最も一般的に使用されている斜軸メルカトル図法の1つです。
  • 斜軸メルカトル図法(2点) - 2点を用いて定義されたホーチン斜軸メルカトル図法の修正版。
  • 斜軸メルカトル図法(1点、無修正) - 単一点と方位角を使用して定義されたホーチン斜軸メルカトル図法の無修正版。
  • 斜軸メルカトル図法(2点、無修正) - 2点を用いて定義されたホーチン斜軸メルカトル図法の無修正版。
  • 正斜角修正図法 - 斜軸メルカトルの一連のバリエーション。この修正手法は、アラスカ以外の場所で一般的に使用されています。バリエーションには、中心の原点、交差の原点、方位角の原点、の3つがあります。