MicroStation CONNECT Edition Help

「バッチ処理」ユーティリティ

「バッチ処理」ユーティリティを使用すると、個々のファイルまたはファイルのディレクトリ全体に対して実行可能なスクリプトを作成および実行することができます。スクリプトは、コマンド、MicroStation VBAマクロ、またはMDLアプリケーションを実行できる一連のMicroStationキー入力コマンドが含まれるテキストファイルです。

このユーティリティを使用すると、ファイルのグループに対して一連のコマンドを簡単に実行することができます。たとえば、「バッチ処理」ユーティリティを使用して、多くのデザインファイルから使用されていない画層をすばやく削除することができます。

「バッチ処理」ユーティリティを使用して、スクリプト(コマンドファイル)とスクリプトで処理するファイルを定義するバッチ処理ジョブファイルを定義して保存することもできます。その後、このジョブファイルを開いて、バッチ処理を再実行することができます。