MicroStation CONNECT Edition Help

3次元の拘束された図形のアニメーション

アニメーションプロデューサユーティリティが強化され、3次元要素をアニメーション化するときに適用されている3次元拘束が考慮されるようになりました。これにより、3次元デザインとモデリングのビジュアリゼーションに新しい適用範囲が追加されます。パラメトリックモデルを操作する場合、デザインが3次元拘束で構成されることがあります。拘束によって作成されたリレーションと関連性を失うことなく、これらの拘束された図形を使用してアニメーションシーケンスを生成できます。そのため、アニメーションシーケンスを再生すると、拘束された要素は、適用されている拘束ルールに従うように連携して移動または動作します。

ここで、3次元の平行による拘束が適用された図形の例を見てみましょう。この例では、立方体の1つの面が別の立方体の面に平行になるように拘束されています。立方体の1つを定義済みのパス内で移動するアクターとしてこのジオメトリをアニメーション化すると、もう一方の立方体が、拘束されている面に従うように移動します。

アニメーション:アニメーションの実行中に3次元の平行による拘束が保持されます