MicroStation CONNECT Edition Help

MicroStationは、アクティブな色と各要素の色の属性をDGNファイル内に保持します。要素の色は、「アクティブな色」ダイアログボックスで定義できます。このダイアログボックスでは、0~255の値として色を割り当てる色テーブルなど、いくつかの方法で色を選択できます。色モデルを使用して値を指定するか、カラーブックで色を選択すると、グラフィカルに色を選択することもできます。

別の色テーブルをアタッチして、開いているDGNファイルの色を変更することもできます。アタッチされた色テーブルは、デザインファイルを開くたびに自動的にアクティブになります。MicroStationに付属の各シードデザインファイルには、すでに色テーブルがアタッチされています。

色テーブルは独立したファイルとして登録されます。アクティブな色テーブルは、どのデザインファイルにも将来アタッチできるように、ファイルとして保存することができます。

色は、「 ByCell 」または「ByLevel」に設定することもできます。「ByCell」を選択してセルを置くと、セルの作成時の色ではなくアクティブな色が使用されます。「ByLevel」を選択して要素を置くと、アクティブ画層に対して定義されている色で要素が表示されます。

注記: 要素には、アクティブな塗り潰しの色などの他の属性があり、これらは円や楕円などの閉じた要素にのみ適用されます。
注記: DWG作業モードで作業している場合、ロードされる色テーブルはDWG色パレットのみになります。他の色テーブルをロードすることはできません。ただし、ラスターファイルをインポートすれば色パレットを変更することができます。ラスターファイルの色パレットの使用を選択すると、「現在の色パレットを使用」がオフになるため、色パレットが変更されます。
注記: 「ByCell」は、DWG作業モードでのみ既定で有効化されます。DGN作業モードで「ByCell」を有効にするには、標準、作業環境WorkSet、またはユーザー構成ファイルで、可能変数_USTN_CAPABILITY <+CAPABILITY_BYCELLを有効にします。