MicroStation CONNECT Edition Help

「DWG/DXFとして保存オプション」、「全般」タブの「エンティティのマッピング」

DWGおよびDXFファイルとして保存する場合のエンティティマッピングオプションを設定するときに使用します。「ファイル」 > 「名前を付けて保存」を選択し、「ファイルの種類」リストでAutoCAD図面ファイル(*.dwg)を選択して「オプション」ボタンをクリックすると開きます。

DGNファイルフォーマットは、DWGファイルフォーマットのスーパーセットです。DWGエンティティはすべてDGNファイルで正確に表示されますが、逆の場合は正確に表示されません。特定のDGN要素をDWGに保存する場合、ジオメトリタイプが厳密に一致しない場合があります。この場合、DGNジオメトリはDWGエンティティとして保存できる代替の表現に変換する必要があります。作成されるDWGエンティティのタイプは、通常、DWGファイルの目的によって決定されます。

「全般」タブには以下のオプショングループもあります。



「DWG/DXFとして保存オプション」、「全般」タブの「エンティティのマッピング」

設定説明
平面連続線分 平面連続線分のマッピングオプションを設定します。
  • ポリライン - (既定)ポリラインは空間内の平面で定義される2次元エンティティです。通常、平面連続線分はポリライン(または線幅の細いポリライン)で最も効果的に表現されます。
  • 3次元ポリライン - XY平面に並行でない平面連続線分または仰角の値が0ではない平面連続線分は、3次元ポリラインに保存されます。このオプションは、線幅の細いポリラインをうまく操作できないアプリケーションで使用します。
非平面連続線分 非平面連続線分のマッピングオプションを設定します。
  • ポリライン - このオプションでは、間近の平面との偏差が小さい連続線分を保存します。このような連続線分は、線幅の細いポリラインとして表現されます。座標の偏差が大きい場合、非平面性がデザインによるものであることを示すため、マッピングは無視されます。
  • 3次元ポリライン - (既定)非平面連続線分を高い精度で表現し、3次元ポリラインとして保存します。ただし、3次元ポリラインをサポートしないアプリケーションもあり、AutoCADでは3次元ポリラインに線種を表示しません。
平坦なソリッドおよび平面 すべての面または平坦な面(平面)があるソリッド要素をマッピングするためのオプションを設定します。
  • ACISエンティティ(ボディまたは3次元ソリッド) - 完全な要素表現は3次元ソリッドエンティティに変換され、面はボディエンティティに変換されます。
  • ポリメッシュ - (既定)この効果的な表現では、平面ソリッドまたは面の外観を維持しますが、全体の構造は維持しません。通常ポリメッシュは編集できず、分析には役立ちません。
  • ワイヤフレーム - このオプションでは、アウトラインのコンパクトな表現である、ワイヤフレームジオメトリだけしか保存しません。ワイヤフレームはレンダリングできません。
曲がったソリッドおよび曲面 すべての面または曲面があるソリッド要素をマッピングするためのオプションを設定します。
  • ACISエンティティ(ボディまたは3次元ソリッド) - (既定)完全な要素表現は3次元ソリッドエンティティに変換され、面はボディエンティティに変換されます。AutoCADで曲面やソリッド要素を正確に表現できるのはACISエンティティだけなので、このオプションの使用をお勧めします。
  • ポリメッシュ - 面のファセット表現はポリメッシュとして保存されます。このテクニックは精度および効率が劣るため、使用を避ける必要があります。ポリメッシュが生成された場合、ファセットの正確さは「追加機能」オプションにある「ポリメッシュ許容角度」設定で制御します。
  • ワイヤフレーム - このオプションでは、アウトラインのコンパクトな表現である、ワイヤフレームジオメトリだけしか保存しません。ワイヤフレームはレンダリングできません。
投影されたソリッド 投影されたソリッドを、投影長を表す厚みを持つACISソリッドまたは2Dエンティティにマッピングするためのオプションを設定します。
曲線とB-スプライン曲線 曲線とB-スプライン曲線の保存方法を定義できます。
  • スプラインエンティティ - 曲線とB-スプライン曲線はスプラインエンティティとして保存されます。
  • ポリライン - 曲線とB-スプライン曲線はポリラインとして保存されます。
塗り潰した要素、塗り潰しのない2次元要素、塗り潰しのない3次元要素 DGNとは異なり、DWGフォーマットでは、閉じた平面要素は強力にサポートされていません。ソリッドまたは面は、3辺または4辺の多角形に制限されています。閉じたポリラインを指定することはできますが、閉じた多角形はレンダリングの際にべた塗りと認識されません。領域エンティティは閉じた要素を正確に表現できますが、ACISソリッドモデルエンジンに依存しており、そのためいくぶん効率が劣ります。また、DWGは任意の塗りつぶし領域をサポートせず、その代わりに単独のソリッドハッチングエンティティに依存します。

最大の柔軟性を得るために、エンティティのマッピングは、次の塗り潰した要素および塗り潰していない要素に対して選択することができます。

  • 3辺または4辺の多角形
  • 5辺以上の多角形
  • 複合図形
  • グループ化されたホール

これらの要素タイプは、次に示すエンティティにマッピングすることができます。

  • ポリライン(コンパクト、編集が容易、塗り潰されていない、レンダリングなし)
  • ポリメッシュ(コンパクト、精密であるのは多角形の場合のみ、編集が難しい、レンダリング可能)
  • "ソリッド"エンティティ(単純、レンダリング可能、3辺または4辺に限定)
  • "面"エンティティ(単純、レンダリング可能、3辺または4辺に限定)
  • "領域"エンティティ(太い線幅、編集が難しい、レンダリング可能)
  • "ハッチング"エンティティ(太い線幅、編集が難しい、ソリッドハッチングは常に塗り潰し)