MicroStation CONNECT Edition Help

セルライブラリの使用

通常、セルライブラリはDGNライブラリ(.dgnlib)に格納されます。DGNライブラリはすべてセルライブラリとしてアタッチすることができ、DGNライブラリはすべてDGNファイルとして開くことができます。DGNファイル内の各モデルは、別個のセルとなります。

セルライブラリを作成すると、空白の既定モデルが作成されます。この空白のモデルは、セルライブラリをDGNファイルとして初めて開いたときに表示されます。「モデル」ダイアログボックスを使用すると、別のモデルに変更することができます。

通常モデルのように、セルもその名によって識別されます。したがって、アクティブファイル内の共有セルとアタッチされたセルライブラリモデルを同じ名前にすることはできません。そのような状況が発生した場合は、共有セルモデルが最初に調べられ、セルとして配置されます。アタッチされたセルライブラリからセルモデルを使用する必要がある場合は、アタッチする前にモデルの名前を変更するか、またはアクティブファイル内の共有セル定義が不要になった場合はそれを削除します。

注記: また、DWGファイルはセルライブラリとしてアタッチすることもできます。DWGファイルには、共有セルとして配置できるブロックが含まれている場合があります。
注記: V8以前のファイルおよびセルライブラリは、セルとしてサポートされません。V8以前のセルライブラリは、開いたり、V8 DGNファイルにアップグレードしたりできません。このようなセルライブラリは、セルライブラリとしてアタッチする必要があります。
注記: DGNファイルにモデルをインポートすることによって、セルライブラリを統合することができます。

次に、セルライブラリを作成およびアタッチする方法、セルを参照する方法、およびセルライブラリをインターネット上に公開する方法について説明します。